FP 畠中雅子さん~心地良い金バナ(3)»マネーの達人

FP 畠中雅子さん~心地良い金バナ(3)

お金は、本来、私達を愉しく、豊かな気分にさせてくれるエネルギー。

あなたが「お金の心地いい側面」を感じた時の話を聞かせて下さい!


≪資格証書を手にした畠中雅子さん≫



「国内旅行業務取扱管理者」試験に合格


―ブログを拝見したところ、「国内旅行業務取扱管理者」という資格を取得されたようで。

この話の始まりは、「仕事でイヤなことがあった」ということなんです(笑)。

日本にいると、どうしても仕事を忘れられないので、ここ数年、年に4~5回は海外にチョコチョコと逃げていました。やっぱり、旅行はすごく気分転換になるんですよね。

―旅行好きが高じて、資格を取得された?

6月にふと時間ができたので旅行に行こうと思ったら、たまたま何かのサイトにこの資格が載っていて。その時に「旅行資金プランをきちんとアドバスするFPって、あんまりいないな」と思ったんです。

FPという職業は、何となく「お金を使わないこと」を推奨するイメージありませんか?

「お金を使う」ということ自体、「よくないこと」とアドバイスしがちかな、と。でも、「適正予算で旅行に行けるようにアドバイスして差し上げたら、どうなんだろう?」と。

―それが、なぜ「国内旅行業務取扱管理者」という資格取得につながるのでしょうか?

旅行資金や予算のアドバイスは、旅行業法に抵触しないのかな? と思ったので。

FPの仕事は、税理士業法などに抵触しないようにしなければなりません。FPまわりの士業のことはだいたいわかるのですが、旅行業法まではわからない。これは誰に聞いても、わからないと思ったんです。だったら、自分で法律から勉強しようかと。

資格証書

≪平成27年9月6日の試験では全国で4,408名が受験し、合格率は29.3%≫



旅行の専門学校に週4ペースで通う


―勉強しようと思って、どうされたんですか?

自宅で勉強していたら絶対ダメだと思ったので、専門学校を見つけて入学しました。9月に試験があるのはわかっていたので、6月24日開講の講座で正味2か月の勉強は、ちょうどいいスパンかと。その学校(トラベル&コンダクターカレッジ)が、正解でした。

―どんな点が良かったのでしょうか?

仕事ではお金の話ばかりですが、学校に行けば、話題は旅行だけ。学校に行くこと自体が、すごく気分転換になりました。それに先生の教え方がお上手で、わかりやすかった。

若い学生さんに交じって授業を受けていましたが、旅行が好きだから勉強をしていても面白いんです。

―どんなペースで行かれていたのですか?

試験が近くなってからは、週に4回くらい行っていました。学校に行っている分、仕事が押しているので、勉強は学校でしかできませんでしたが、ほぼ満点に近い点で合格できたのは、まさに学校様様です。


海外ツアー旅行中に考えたこと


―かなり筋金入りの旅行好きですね?

新卒で内定をもらっていたのは、旅行会社でした。その会社はスキーの会社で、夏に2か月お休みをもらえたんです。「2か月あったら、放浪の旅に出られるかな?」と。

ただ、大学4年生の時点でフリーライターとして年収500万円くらいは稼いでいたので、就職すると年収が下がってしまう。

一人暮らしをしていて、当時、恵比寿のマンションに住んでいたので、「就職して年に2か月の旅行」と「恵比寿のマンションを引き払うこと」を天秤にかけたら、踏み切れなかったんです(笑)。

―海外旅行にも良く行かれるんですか?

「仕事から逃げる」という意味での海外旅行デビューがベトナムで。それが、すごく良かったんで癖になってしまいました(笑)。

ずっとフリーで旅行に行っていたのですが、8月に久しぶりにツアーで旅行に行ったんです。フリーの旅行は移動が大変で、考える余裕はありません。でも、ツアーだとバスに何時間も乗っていたり、移動もすべて手配してくれるので、わりとゆっくり考え事をする時間がありました。

その時に、「これだったら、ひきこもりの子でも、一緒に行けるんじゃないかな」と思ったんです。部屋から出られない方もいらっしゃいますが、外には出られるという方だったら、ツアー旅行には行けるのではないかと。


働けないお子さんが、親子で海外旅行に行く方法


それをブログに書いたところ、ブログを読んだ当事者のお母様数人から、「考えたことがなかったけど、そういうことが実現するのなら、行ってみたいです」と言われました。

 実際のブログ記事

実は「夢物語みたいなこと言わないで! 当事者の気持ちもわからないくせに」と怒られるか、と思っていたのですが、逆に肯定して下さる方もいるのだとわかりました。

―今回取得した資格を、そのツアーに生かせる?

基本的に、ツアーは海外を想定しています。国内ですと、「平日に働いていないのに」と人目を気にされる方もいらっしゃるので。海外旅行のアドバイスをするなら、「総合旅行業務取扱管理者」という資格も欲しいなあと思っています。

でも、その試験には英語があるんです。だから、もうちょっとしたら、来年の受験のための総合の講座にも行きつつ、英語は先生について習おうと思っています。英会話を上達させるためにもなりますしね。

―本気なんですね?

もちろん、私がそういうことを考えるのは、おこがましいという気持ちもあります。でも、ひきこもりの方のツアーをするとしたら、ツアーコンダクターの方がいるとしても、私が同行して手伝えることもあるだろうなと思っているんです。(執筆者:楢戸 ひかる)

この記事を書いた人

楢戸 ひかる 楢戸 ひかる»筆者の記事一覧 http://hikaru-narato.com/

マネーワークショップ主宰
家計簿以前の「家計運営の基礎知識」のワークショップを開催しています。
詳しくは、上記アドレスのHP「ワークショップ」を見て下さい。
<保有資格>:FP技能士2級

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ