上昇トレンド継続中 今週の日経平均を考える»マネーの達人

上昇トレンド継続中 今週の日経平均を考える

週明けは、維持して反発となるか? 割り込んでいくのか? 見極めの週になりそうです。

今回の下げ渋っているポイントには、トレンドラインが集中的に集まっている状況の為、簡単に割れず 上がるに上がれずの揉み合いを作っているように見受けられます

この後の展開としては、強いダウに引っ張ってもらえるか? 独自路線で調整となるか? 非常に判断は難しいところに来ています。

そうは言ってもここ数週間言い続けていますが、いまだ上昇トレンドは維持されているという中、ところどころで崩れたかも? というシグナルは出ているものの、明確に崩れましたという材料はなく、上昇トレンドの中の押し目という見解です。

となると、流れは上昇という事となるので、上抜けを目指すのかな、というのがメインのシナリオになります。



上昇トレンドのなかで


そのようなシナリオを持つのであれば、押した場面は買い場だったとなりますが、シナリオ通りに動いてくれるのか? 楽しみなところです。

週明けは、おおむね横ばいでの寄りつきが想定されます

となると、25日線をサポートとした動きが濃厚になるので、このまま維持できるかに注目です。

ファンダメンタル的には、米国の利上げを受けて方向感が出るかな? と見ていましたが、明確な方向感とはならずに上 下 マーケットは迷いながら週末入りになりました。

為替は、利上げの影響で円安は進行したものの、株価への影響は限定的となっており、為替への株価の影響度合いが薄れてきているという事がさらに露出しているように見受けられます。

円高でも深くは下げない。円安でも大きくは反発しないという状況です。

今後の流れとしては、年内の利上げはあるという見方が大方な為 為替は円高には向かいづらいと考えます。

そうなるとやはり株価の深い調整は起こりづらいと考えます。


現状分析

5日線


週末の動きで押し目が終わった可能性は出ましたが、要素としてはまだ薄いと考えます。

そして再び25日線とのデットクロスの可能性が出る位置関係となってきているので、注意が必要です。

25日線


本当に微妙ですが、波を打ったように見受けられる値動きをしました。この動きからBOX入りのシグナルの可能性を考慮しつつ見極めが必要になります。

位置としては、グランビルの法則の買いの2を思わせるような値動きです。買いの2であれば6月2日の高値は更新してくると考えます。

75日線


変わらず上向きで上への乖離を維持しております。

移動平均線的なトレンドは変わらず上向きの位置関係となっております。

トレンドライン


目先のサポートラインは25日線がメインで、5月18日と30日の安値を結んだラインがサポートラインとして機能しているように見受けられます。

合わせて5月25日の高値の横軸も瞬間的には割り込みましたがサポートラインとして機能しているように思えます。

さらに押した時は、5月30日の安値の横軸 5月18日の安値の横軸が段階的に意識されます。

この2本を割り込んだ時は、明確にトレンドが崩れたと考え最終ラインとして75日線と考えます。

短期的なラインとして6月5日と9日を結んだ切り下がりのラインに、14日に頭を押さえられて16日金曜日にブレイクとなっています。

結果、切り上がりのラインとの組み合わせで三角保合いから上放れという見方が出来ますので週明け次第ではありますが、やはりこの週末が買い場だったという気持ちでの週末入りです。


テクニカル指標




一目均衡表


転換線を上値抵抗線として基準線をサポートラインとしていますので、上昇トレンドの完全系ではないものの雲の上を維持していることで概ね上昇と考えます。

遅行線が日々線に絡まっており、日々線がこの後 3日間揉み合う事で3日後には自然と上に離れることになると考えられます。

ボリンジャーバンド


5本のラインが横向きで平行に推移していることでBOXが示唆されております。

その中で現状TPラインがサポートしている状況です。BOX示唆でのTPライン辺りは方向感が想定しづらい位置と考えます。

スローストキャスト


売られすぎゾーンで少し揉み合ったことで弱さをイメージさせる動きとなっています。

ゴールデンクロスからの動きで、このまましっかり買われすぎゾーンまで上がれるかに注目しつつ、上げきらずにデットクロスとなったときは下落警戒となります。


総合判断


上昇トレンド継続中ですが、トレンドが崩れるかもしれない下限にいるので緊張感をもって当面の動きを見る必要があると考えます

トレンドは上という事を想定しての建玉となるので、この週末の位置は買い場と考えるのがセオリーです。しかもちょうど下げ止まるかも? のポイントから微妙に反発しての週末です。

この動きで買い玉なしはどうかと思うので、買い玉が無い方は週明けの仕込みは検討する余地があると考えます。

私自身は、月曜 火曜 金曜と買い増しをしています

25日線を終値で割り込んだ時は少し縮小して、さらに5月18日の安値近辺へ向けての買い下がりというシナリオでおります。もちろん少数ですが売り玉は保有している前提での買い下がりです。

では、反発するか正念場となります。

維持率を考えながら駆け引きしながらの仕込みになると考えますが、底割れにも注意しつつ、臨機応変に対応したいと思います。(執筆者:城 晶子)

この記事を書いた人

城 晶子 城 晶子»筆者の記事一覧 http://www.traders-academy.jp

トレーダーズアカデミー インストラクター
お金のプロといわれるファイナンシャルプランナーの資格を活かし、ギャンブルではなく資産運用としての株式投資をしっかりと確立。「上げでも利益を取り、下げても利益を取り、更に株主優待も取る」をモットーに、女性目線でわかりやすく相場の現状と先行きを伝える現役のトレーダー。
<保有資格>:ファイナンシャルプランナー2級 AFP 終活ライフケアプランナー

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ