【米国株投資】手数料水準もトレーディングツールもおすすめな「マネックス証券」»マネーの達人

【米国株投資】手数料水準もトレーディングツールもおすすめな「マネックス証券」

ダウ平均は最高値更新中! ファンダメンタルズが盤石な米国市場



米国市場のファンダメンタルズは引き続きしっかり。

雇用情勢はもはや言うまでもありませんが、失業率を見てもほぼ完全雇用の状況で推移を見せています

企業業績も引き続き堅調で、海外からの資金流入も著しい状況です。特に、主力企業の決算がしっかりしていることも買い安心材料につながるでしょう。

直近で発表されたフェイスブックの決算も非常に好調。EPS、売上高ともに市場予想を上回ってきました。モルガン・スタンレー等の金融セクターもしっかり。

また、マクドナルドやキャタピラー等、幅広い業種で業績改善が見られています。

株価を決め最大のファクターは企業業績です。

ここが崩れない限り、米国市場では堅調な株価上昇が期待できると言えるでしょう。


投資初心者でも投資しやすい有名銘柄が多数存在

米国市場の最大の特徴は、世界代表する企業が多いことです。

マイクロソフトのパソコンを使っている人も多いのではないでしょうか。

スマホやタブレット端末はiPhoneやiPadを使用されているかもしれません。

あるいは、P&Gの洗濯洗剤を使っている方もいらっしゃるでしょう。

比較的、私たちの生活に馴染みのある企業に投資できる点も米国株投資における魅力のひとつです

基本的に、外国株投資における最大のデメリットは、情報量の少なさと言えるでしょう

国内市場と海外市場では、情報が耳に入ってくるまでのスピード感が異なります

また、国によっては発表される統計や指標の精度に疑問符が付く場合もあります。

しかし、米国株においてはこのような心配はありません。特に、ダウ平均やS&P500指数を構成する国際優良銘柄であれば、むしろ日本企業よりもたくさんの情報があふれているかもしれません。

情報量の多さは、投資におけるリスクの軽減につながります。米国株は、初心者にも比較的行いやすい株式投資と言えるのです。


米国株は日本株に比べて手数料が高い。手数料問題はマネックスで解決

米国株投資におけるデメリットは、取引のコストが高いことです。

米国株を買い付ける訳ですから、円をドルに替える必要があります。この際に発生する為替スプレッドも、いわば為替手数料です。

そもそもの買付手数料も国内株に比べて高めに設定されているため、証券会社選びを間違えると相当額の手数料負担が強いられることになります。

その点、マネックス証券は非常に優遇されています。結論から言うと、米国株取引に係る手数料は非常に安い。

また、サイト内の投資情報も非常に充実しているので、初心者にも親切な証券会社と言えるでしょう。

また、ETFの銘柄によっては手数料を実質無料で取引をできる「ゼロETF」という取り組みを行っていることも特徴です。

米国株に投資する際に、銘柄選定に迷う方もいらっしゃるでしょう。ETFであればそのような心配も必要ありません。

大型株に特化したETFや小型株特化型。さらには、高配当特化型のETFもあり、非常に豊富なラインナップがそろっています。

手数料の観点、取り扱い銘柄の観点、両面から見ても、マネックス証券は米国株投資に強いと言えるでしょう


トレーディングツールや投資情報も充実

米国株におけるトレーディングツールはマネックス証券がナンバーワンでしょう。

証券マンが使うそれと比べても遜色ないほどです。

リアルタイムの株価チェックはもちろんのこと、様々なテクニカル指標を網羅。長期投資家から短期投資家まで幅広いニーズに対応できます。

また、スクリーニング機能も非常に使いやすく、初心者の方にとっての操作性も優れていると言えるでしょう

個別銘柄の情報も、マイページ上から簡単に入手できるため、投資情報にも困りません

個別銘柄の決算動向や、米国市場のファンダメンタルズ等、マクロからミクロまで様々な投資情報を得られます。

米国株のメイン口座はマネックス証券がおすすめと言えるでしょう。


外国株投資におけるデメリットをカバー



高い手数料や情報量の少なさ。さらには、情報を入手できるまでのスピード感。外国株の投資には様々なデメリットが存在します。

いくら市場動向が良くても、これらの材料に利益を減らされてしまっては投資効率が上がりません

マネックス証券は、上述したデメリットをすべてカバーしてくれる証券会社です。

トレーディングツールを使いこなせるようになれば、より投資の精度も向上するでしょう。

実質手数料無料で投資できるゼロETFも存在します。また、そもそもの外国株取引時の手数料も非常に優遇されています。

好調な米国経済。連続増配銘柄も多く、企業業績も比較的堅調に推移しています。

日本と比べても、米国経済のファンダメンタルズは非常に安定的と言えるでしょう。マネックス証券で、有利に米国株投資を行いましょう!

マネックス証券で口座開設する⇒公式HP

(執筆者:徳田 陽太)

この記事を書いた人

徳田 陽太 徳田 陽太»筆者の記事一覧

札幌で働く元証券マンFP(ファイナンシャルプランナー)。立命館大学卒業後、大和証券株式会社に入社。法人・個人営業に従事し、5年間で4度社長賞受賞。退職後、Finanzaを設立し“chatでFP”サービスを展開。チャットやLINE利用による安価な家計相談サービスを実現。専門分野は株や投資信託を用いた中長期での資産形成。趣味はスポーツ全般で小、中、高と野球部に所属。また、米国への留学経験があり、海外スタートアップ事情にも精通。
<保有資格>:証券外務員一種

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ