「信用取引」の検索結果一覧»マネーの達人

「信用取引」の検索結果一覧

「一日信用取引」手数料最安は? 楽天×SBI×松井証券を徹底比較

株投資の投資法には、現物株を買う他に信用取引で株売買をする方法がありますが、実はこの信用取引も大きく分類すると2つの取引手法があるのです。 一つは一般の信用取引、もう一つが一日限定の信用取引です。 この2つの信用取引を取・・・

信用取引を利用して株価予測をしてみよう

株式売買で銘柄選びを行う際に、信用残を参考にする方法があります。信用残とは、信用取引における買い残と売り残のことですが、その増減を見ることである程度の株価の動向を予測することができます。 信用取引とは 株式の売買は通常、・・・

知っているようで 知らない信用取引の基本的な仕組み

  株式の信用取引とは、証券会社に担保を差出し、株の買い付けに必要な資金や売り付けに必要な株券等を借りて売買を行い、一定の期限内に決済する取引をいいます。信用取引の特徴としては、少ない資金で大きな取引が可能なので大きな儲・・・

【株投資の基本】結果を出すための5ステップご存知ですか?

昔の本と今の本の違い 書店で売られている投資本には、資産運用対象、運用ノウハウなど多くの分野や投資法が書かれておりますが、最近の本は昔の本と違う傾向があります。 昔の本は情報収集や研究材料といった内容がメインでした。 イ・・・

想定外の「トランプラリー相場」とどう付き合っていくべきか?(第2回)  含み損を抱えた「塩漬け株」は「貸株サービス」の利用で株価回復を待て!

前回のコラムで、予想外のトランプ・ラリー相場がなぜ起きたのかという経緯、そして金融市場全体にどのような影響を及ぼし、結果的に日本の個人投資家にとって好ましい展開を生んできたのかについて説明をした。 第2回目の本コラムでは・・・

世界中のあらゆる「取引」に指先で参加できる時代

私は香港当局の認可を得たFA(ファイナンシャルアドバイザー)という立場で複数のファンドを組み合わせたポートフォリオを作って運用している。 よって、米国FRBの連邦公開市場委員会(FOMC)や日銀の金融政策決定会合などはい・・・

SBI証券の取引ツール「HYPER SBI」 その圧倒的な完成度と注意点を徹底解説

SBI証券がネット証券最大手として実績を伸ばしているのは、手数料の安さなどのポイントに加え、多機能取引ツール(アプリケーション)であるHYPER SBI」が非常に便利であるということです。 HYPER SBIは1ヶ月50・・・

投資に新たなチャレンジは必要か? 世代別で分析してみた

株式投資に新たなチャレンジは必要か? この答えについてですが「年齢にもよる」部分が大きいです。 年齢によりとれるリスクが変わってくるためです。 20代から30代であれば、リスクをとった結果、損失を出したとしても、少額なら・・・

我ら草莽 荒波の相場を克服せよ

「タイミングよく」はとても難しい 銀行向けにマイナス金利も導入された預金金利は市場最低水準(一般預金者はかろうじてプラス金利)、日本国債の利回りも市場最低水準という状況において投資で資産を増やそうとすればリスクがあっても・・・

今さら聞けない株式取引の「貸し株」と「貸株サービス」の違いとは

株投資において「貸し株」と「貸株サービス」という取引があるのですが、この違いはご存知でしょうか? 似ているようで全く違う株式取引です。 この違いを知ることは株投資の基本ですから、ここでしっかり頭に叩き込んでおいて下さい。・・・

このページの先頭へ