「消費税」の検索結果一覧»マネーの達人

「消費税」の検索結果一覧

消費税は払うだけではない、副業で支払った消費税を口座へ振りこませる裏技を活用しよう

投資に関するキャッチコピーを見ると「安定収入」などのキーワードが見受けられます。給料とは別に安定した副収入が得られるビジネスに興味をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、設備投資をして安定収入を狙う場合・・・

年金の受給資格期間 消費税増税を待たず、2017年度から25年から10年に短縮へ

必要納付期間は25年から10年に短縮へ 以前、消費税を10%に引き上げる事に伴い、社会保障の拡充のひとつとして、年金受給の条件であった最低25年間の納付期間というものがありました。 会社勤めの方など、社会保険に加入されて・・・

消費税の軽減税率制度が適用される品目の具体例

熊本や大分で発生した地震の影響により、平成29年4月から予定されていた消費税率の10%への引上げが再延期、あるいは凍結される可能性が出てきました。 果たしてどのような結論が出るのでしょうか。 今回は予定通り消費税の増税が・・・

[読者の質問に回答] 消費税率が10%になったら、年金はもらいやすくなるの?

【読者の質問】 46歳ですが、これから厚生年金に入るか、迷っています。平成29年4月に消費税が10%になると、25年しばりから10年になりますか? 以上のようになりますが、読者の方の質問は、 1. 厚生年金に入った方が良・・・

不動産経営者が注意したほうがいい「消費税」の話し4つ

アパートやマンション、駐車場などの不動産収入がある人は規模の大小を問わず消費税法上の事業者になります。 不動産経営をする上で、消費税について知識を持っておくことは非常に大切です。 保有不動産を売却した場合など、賃貸料収入・・・

オーストラリアの消費税事情 日本と異なる軽減税率の仕組み

日本では最近、消費税率10%への引き上げを巡るニュースを多く見ます。あわせて軽減税率の対象品目の線引きについても議論がされています。そこで今回は、オーストラリアにおける消費税についてお話します。 オーストラリアの消費税事・・・

軽減税率の対象品目と消費税を納める義務がある人とは

平成27年12月24日に閣議決定された平成28年税制改正で、平成29年4月から消費税について軽減税率制度を導入することが決まり話題となっています。対象品目は以下の通りです。 (1) 酒類及び外食を除く飲食料品 (2) 新・・・

平成28年税制改正(3)~消費税の改正

Q:12月末に平成28年税制改正大綱が発表されましたが、この中で、消費税に関する改正のポイントはなんでしょうか? 解説 消費税率の改正にともない、軽減税率の範囲、請求書の記載方法などが設けられました。ただし、具体的な取扱・・・

国民年金の保険料の納付は「消費税の回収作業」

先日読売新聞を読んでいたら政府は、年金の保険料の納付率を上げるため、国税庁が保険料の悪質な滞納者に対して財産を差し押さえる強制徴収の対象を、平成27年10月から拡大すると記載されておりました。 例えば自営業者やフリーラン・・・

【法人向け】重くのしかかる消費税 納税資金を積み立てよう

最近、消費税の申告を終えた当社のお客様からは「何だか消費税が2倍になった感じがする」という声が聞かれました。資金繰りに悩む企業にとっては、5%から8%と1.6倍に引き上げられたのですから、消費税の納付はそれほど大きな負担・・・

このページの先頭へ