「確定申告」の検索結果一覧»マネーの達人

「確定申告」の検索結果一覧

年末までに揃えたい「確定申告」の書類 必要な書類と意外に知らない節税法とは

年間を通して取っておきたい書類を把握していますか? 確定申告というと1月から2月にかけてのテーマと考える方も多いでしょうが、そもそも確定申告は1月から12月までの期間について申告を行うものなので、年を越してから書類をそろ・・・

【確定申告】平成29年分から医療費控除に「領収書添付」が不要になる 知っておくべき変更点3つを説明します。

先日、国税庁HPにて「平成29年分の確定申告から医療費控除での領収書提出は不要」の旨の発表がなされました。 「領収書をまとめなくていいの? やった!」と思いたいところですが、これに伴い、適用を受けるための手続きがいくつか・・・

国税庁が仮想通貨は「雑所得」と発表 仮想通貨に節税効果がなくなることが明確になる。確定申告も忘れずに。

いよいよ動いた「国税庁」 先日、国税庁のホームページ内のタックスアンサーにて、「仮想通貨を使用した場合の利益は雑所得に該当する」旨の回答が行われました。 投資ブームが巻き起こり、世間の注目を集めているものの、法整備は遅れ・・・

【サラリーマンの確定申告】ハードルは高いですが、7つのプロセスで領収書を経費に落とす方法があります

サラリーマンだって、フリーランスと同じように領収書を確定申告で経費に落とせます。 このサラリーマンの経費を「特定支出控除」といいます。 しかし、「特定支出控除」によりサラリーマンが領収書を経費に落とすためのハードルは高い・・・

空き巣などの盗難損失が発生したときは確定申告をすれば税金を減額できるのか?

Q:「自宅で空き巣に入られて、現金や宝石などが盗難にあいました。この場合、確定申告をすれば税金を減額できるのでしょうか?」 解説 災害や盗難によって、資産の損害を受けた場合には、一定の金額の所得控除を受ける事が出来ます。・・・

「還付申告5年間有効」の落とし穴 確定申告したのに住民税では無効になる控除も

確定申告で還付になる場合は、5年さかのぼって申告できます。国税庁の確定申告書等作成コーナーでも、平成24年分の所得税申告までは対応しています(平成29年3月現在)。 還付申告5年間有効の制度もかなり知られてきて、サラリー・・・

【確定申告Q&A】期間外でも申告出来る?  株式譲渡の注意点など。

確定申告は、決められた時期にしかできない? 3月15日が過ぎて、確定申告の期限が終了しました。 この確定申告は毎年2月16日から3月15日までの期間に申告し納税することになっています。では、この期間以外では申告はできない・・・

今年からはマイナンバーで紐づく…確定申告終了後のマネー(税・公的保険料)を整理しよう

確定申告が無事終了したところでしょうが、その内容が今後の税・公的保険料においてどのように影響を及ぼしていくのでしょうか? なお、平成28年分の所得を活用するものからは、社会保障・税番号であるマイナンバーで一体管理されます・・・

FPの私が見た!もったいない「確定申告の申告漏れ」ベスト5

相談現場で見受けられる所得税の申告漏れについて、よくある事例や「もったいない」と感じた事例を織り交ぜ、独断と偏見でランキングしました。 あなたにも「もったいない申告漏れ」がないか確認しながらご覧ください。 第1位 期限を・・・

【確定申告】今年から青色申告に変更しようと決めたときの手続き

平成28年分の所得税の確定申告は平成29年3月15日(水)迄となっていますが、既に提出処理は済んでおりますでしょうか。 個人事業などを営み事業所得がある方は毎年確定申告を行いますが、確定申告には「青色申告」と「白色申告」・・・

このページの先頭へ