「給与」の検索結果一覧»マネーの達人

「給与」の検索結果一覧

最近、給与は上がらないのに、なぜ公務員の給与だけ引き上げされるのか?

平成28年8月8日に人事院は、平成28年度の「一般職の国家公務員の給与」に関して、月給を平均で0.17%(708円)、ボーナス(期末、勤勉手当)を0.1か月分、それぞれ引き上げするよう、国会と内閣に勧告しました。 また配・・・

失業保険の満額給付より魅力的? 「再就職をして前職より給与が下がった人」に支給される給付金があります

「給与額によって再就職先を決める」 給与額も重要な労働条件ですので大切なことではないでしょうか。また、「自分のやりたいことを追求したい」というような観点で探すこともあるでしょう。 このように、どこに重点を置いて探すかでも・・・

「適切な控除額になっていますか?」 自分の給与明細が適正かチェックしてみよう

毎月、給与明細の内容を見ずに差引総支給額だけを確認している方が、多々いらっしゃると思います。 給与計算は、意外と複雑で間違いやすいので、しっかりと自分自身で給与明細の内容を見れることが大切です。今回は、その中でも控除され・・・

アフラック参入で「就業不能保険」が続々登場  給与サポート保険と今までの就業不能保険との違いを解説

1. 働けなくなるリスクに対する保険 重い病気やケガなどで働くことができず、長期に渡って収入が途絶えた場合、入院や手術のための医療保険や遺族のための死亡保険ではカバーできない。 国の障害年金の1級や2級に該当した場合や、・・・

「なんでこんなに引かれるの?」 意外と知らない給与明細の疑問に回答

新人サラリーマンから、実際の銀行の振込み額が説明された月給と大きく違っていた、「こんなに引かれるの?」 と愕然とした、という話をよく聞きます。 そこで、今回は新人サラリーマンは勿論、ベテランサラリーマンでも意外と知らない・・・

社会人2年目、手取り額が減ってビックリ 給与明細の「住民税」について知っておこう

この時期、会社には2016年度の特別徴収税額の決定通知書が送付されてきます。 特に入社から2年経過した従業員の中には、給与明細を見て、住民税という項目から万単位のお金が控除されるため、手取り額が減り驚かれる方もいらっしゃ・・・

給与明細から考える節約術 ~所得税、地方税編~

サラリーマンとして頑張って働いているけれど何故か手取り給与が増えない。そう考える方は少なくないようです。 その原因は固定的に控除される社会保険や所得税、地方税にあります。 今回は、特に所得税を節約する方法をご紹介します。・・・

給与明細から考える節約術 ~社会保険編~

会社員の皆さんなら毎月、会社から給与明細が交付されますよね。「どうせ毎月一緒だからいちいち細かく見ない」なんて人はいませんか? 実は給与明細には節約のヒントがたくさん隠されているんです。今回は節約を目指すなら注意したい給・・・

青色申告の3つのメリット 青色申告特別控除や青色事業専従者給与の必要経費算入など

平成27年の確定申告は、平成28年2月16日(火曜日)から3月15日(火曜日)までとなります。 特に事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき業務を行う個人事業主の方は、これから申告の準備で忙しくなるかと思います。 上記・・・

自分にあった「給与受取銀行」を選ぶ3つのポイント

 給与受取、公共料金の引き落とし、子どもや日々の生活にかかる各種料金の支払い等、銀行口座は必要不可欠です。皆さんはその必要不可欠な口座を持つ銀行をどのように決めていますか?  銀行を選ぶ際には、預金金利等から決めることも・・・

このページの先頭へ