「自分年金」の検索結果一覧»マネーの達人

「自分年金」の検索結果一覧

今なぜこれほどまでに自分年金が必要なのか? 厳しい老後の現実

 生命保険文化センターの試算によると、現在夫婦2人が暮らしてゆくのに最低限必要な金額は1ヶ月に22万円、ゆとりのある生活をするためには37万円が必要なのだそうである。  これに対し、厚生労働省の試算によると、平均的な月収・・・

「年金が危うい」からと「危うい日本の”円”」を使った自分年金を勧める金融機関の矛盾

 私どものオフィスには「老後のお金が不安だけど、どう考えていいのかわからない」という相談者が大勢来られます。相談するというアクションはようやく起こしてらっしゃるのですが、お話をうかがっていると40歳を超えているのに具体的・・・

海外(香港)で自分年金を作る2つのメリット

  日本国内の少子高齢化と産業の空洞化に伴って、将来に備えて自分年金を作る人達が増えています。自分年金プランでは、自分が支払った年金保険料を、自分名義の保険会社の口座で運用してくれるので、運用で増えたお金は全て将来自分が・・・

さあ、「自分年金」を始めよう!(後編) ウルトラC設計方法

さあ、「自分年金」を始めよう!(後編) (前編はこちら) 個人年金のウルトラC設計方法   「自分年金」を確実に積み立てていくのにふさわしい金融商品とは何でしょうか。安定運用型の金融商品は各種あります。勤めている企業によ・・・

さあ、「自分年金」を始めよう!(前編)年金受給額が最も低くなる人は?

  「働いている間に、将来働かない間の生活費を稼いで準備しておかないとならない」- これは誰でも考えれば分かることです。しかし、現在の生活に追われ、未来の自分へ仕送りすることを一切やってないのが日本の若者世代です。今まで・・・

自営業者の自分年金作り(3)・・・個人型確定拠出年金

今日は、「個人型確定拠出年金」をご紹介します。  国民年金基金との最大の違いは、老後に受け取る年金の額が決まってないこと。  毎月自分が支払う掛金を元手にして自己責任で運用し、その結果次第で将来受け取る金額が変わってくる・・・

自営業者の自分年金作り(2)・・・国民年金基金

国民年金の上乗せ年金として個人事業主が「自分年金」を作ることができる仕組みは「付加年金」のほかにもあります。  本日ご紹介するのは「国民年金基金」。  国民年金基金も、国民年金と同じように、加入できるのは20歳から60歳・・・

自営業者の自分年金作り(1)・・・付加年金

自営業者は1980年代から減少の一途をたどっています。  1980年代のはじめは940万~950万人いましたが、今年6月には564万人。  この30年間で4割減っています。  自営業者というと街の商店街の店主夫婦や農林漁・・・

海外で「自分年金」を作るとメリットが多い2つの理由

先日、深センと香港で「海外で作る自分年金セミナー」を開催させて頂きましたが、旧正月休み直前ということもあり、いずれも少人数形式のセミナーとなりました。しかしながら、一人一人の参加者の方の顔を見ながらお話させて頂くことがで・・・

【読者質問に回答】iDeCo(個人型確定拠出年金)のリスクを管理して、老後資金の安全を守るには?

マネーの達人、読者の方から 「1月から個人型確定拠出年金の申込みをしたが、老後の備えなのに投資であることに不安がある。具体的にリスク管理をどうすればいいか知りたい」 という質問が来ました。 iDeCo(個人型確定拠出年金・・・

このページの先頭へ