「贈与」の検索結果一覧»マネーの達人

「贈与」の検索結果一覧

国税庁の【お墨付き】が付いた生前贈与の方法『暦年贈与信託』とは?

相続税対策が「相続から贈与へ」という流れに変わっている中、さまざまな生前贈与制度に注目が集まっております。 そのさまざまな生前贈与制度のなかの「暦年贈与」を活用したサービス(商品)である『暦年贈与信託』について今回はお話・・・

住宅購入で両親や祖父母から資金の贈与を受けた場合の「非課税特例」と「注意点」

住宅の取得に際し、両親や祖父母から資金の贈与を受けるということは珍しくありません。 人生の中で最も大きな買い物であり、資金計画を考える上で非常にありがたいものです。 この住宅取得のための資金の贈与については、贈与税の非課・・・

住宅資金贈与の活用法 兄弟間で不公平・不満が出ないようにするには

はじめに マイナス金利の影響を受け、住宅ローンの金利がさらに下がってきています。 変動金利は0.6%前後、固定金利でも1%を割るなどこれから、お家を買う方にとっては追い風ですね。 とは言っても、マンションや一軒家の購入費・・・

奨学金受給率が5割を越えた 教育資金贈与の現状を考える

はじめに 月に数回、マネーセミナーを実施して早いもので2年が経過しました。 これまで数多くの方にご参加いただき、お金について一緒に考える機会が得られたことをFPとして嬉しく思っております。 参加者の方は20代~50代まで・・・

忘れてはいけない贈与税の確定申告 期限超過で特例受けれず延滞税も

平成27年分の確定申告提出期間も終盤に差し掛かりました。確定申告と聞くと、一般的には所得税の確定申告を連想する方が多いと思います。 ですが、確定申告は所得税だけの手続きではありません。個人の方に関係する税金の中では、贈与・・・

贈与税申告に特例税率が創設 対象及び申告時の必要書類と注意点

平成27年の相続税法の改正により相続税の対象者が大幅に増加し、将来の相続に向けて様々な相続対策を考えている方も多いと思います。 そんな相続対策の中でも単純ですが有効な手段のひとつとして、生前の「贈与」という方法があります・・・

子や孫へ贈与する際に利用できる制度について

Q:将来の相続税対策の一環として、子や孫に贈与をしたいと思っていますが、住宅や教育資金などいろいろな贈与制度があって、よくわかりません。本年に利用できる制度はどのようなものがありますか 解説 現在、年間110万円までの贈・・・

贈与された広告宣伝用資産の税務上の取扱い

Q:弊社は病院を営んでいますが、今回、製薬会社から広告宣伝用として待合室に置くテレビをもらいました。こうした広告宣伝用資産については取得価額と償却期間に特例があると聞 きましたが、これはどういうことでしょうか? 解説 広・・・

教育資金の贈与をするときは、特別受益に注意

Q:祖父母から孫に教育資金の贈与をした場合、一定の条件を充たせば 1500 万円までは贈与税の課税対象となりませんが、この制度を使うと相続時に特別受益の対象となる可能性があると聞きましたが、これはどういうことでしょうか?・・・

贈与税の都市伝説 「連年贈与は金額を変えた方が良い」

相続税の専門家といえる知識と経験を有する税理士が少ないことから、相続税業界には、都市伝説ともいえる奇妙な話が流布しています。 「連年贈与(毎年贈与することです。)を行う場合は、贈与する金額を変えなさい。そうしないと最初の・・・

このページの先頭へ