「贈与税」の検索結果一覧»マネーの達人

「贈与税」の検索結果一覧

忘れてはいけない贈与税の確定申告 期限超過で特例受けれず延滞税も

平成27年分の確定申告提出期間も終盤に差し掛かりました。確定申告と聞くと、一般的には所得税の確定申告を連想する方が多いと思います。 ですが、確定申告は所得税だけの手続きではありません。個人の方に関係する税金の中では、贈与・・・

贈与税申告に特例税率が創設 対象及び申告時の必要書類と注意点

平成27年の相続税法の改正により相続税の対象者が大幅に増加し、将来の相続に向けて様々な相続対策を考えている方も多いと思います。 そんな相続対策の中でも単純ですが有効な手段のひとつとして、生前の「贈与」という方法があります・・・

贈与税の都市伝説 「連年贈与は金額を変えた方が良い」

相続税の専門家といえる知識と経験を有する税理士が少ないことから、相続税業界には、都市伝説ともいえる奇妙な話が流布しています。 「連年贈与(毎年贈与することです。)を行う場合は、贈与する金額を変えなさい。そうしないと最初の・・・

住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置が3,000万円に拡充決定 [平成27年度税制改正]

 平成27年1月14日、平成27年度税制改正の大綱が閣議決定され、直系尊属からの住宅取得資金の非課税枠の拡充が消費税10%に合わせて正式に決まり、期間も平成31年6月までに延長された。  又、合わせて平成26年12月31・・・

夫婦間での老人ホームの入居一時金の負担は贈与税の対象?

Q:老人ホームに入居する際に、その入居する者の配偶者が入居一時金を負担した場合、贈与 税が課税される場合があるそうですが、どのような場合に課税されるのでしょうか? 解説  扶養義務者相互間で生活費等に充てるためにした贈与・・・

平成27年税制改正(3)~所得税・贈与税について

Q:12 月末に平成 27 年税制改正大綱が発表されました。この中で、所得税・贈与税に関す る改正のポイントはなんでしょうか? 解説  所得税では住宅ローン減税の延長、含み益に対する出国時の課税、贈与税では住宅取得資金 ・・・

贈与税がかからないように毎年少しづつ贈与…でも課税対象に 「定期贈与」認定リスクとその対策

 生前贈与を利用して相続対策を万全に準備していたと思っていたのに、相続になって申告と納税を済ませ落ち着いていたころ…突然に税務署の調査が入り、これは定期贈与に該当しますからと伝えられ更正処分を受けることがあります。  定・・・

税制改正大綱を読み解く! 注目の相続税・贈与税制度の思わぬ落とし穴

 平成27年に入り、相続税が増税という事で巷を騒がせています。しかし、この相続税の増税に入る前に、相続税、贈与税等の資産税においては、実は、年末に与党(自民・公明)が平成27年度税制改正大綱というものが決定しており、年が・・・

生前贈与をうまく使いこなす(4)  「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置 」

1. 制度の概要  平成25年4月~平成27年12月までの間に、30歳未満の受贈者が、教育資金等に充てるため、金融機関等との一定の契約にもとづき、受贈者の直系尊属(祖父母など)から教育資金を贈与された場合、1,500万円・・・

「婚姻20年以上の場合、住宅購入資金の贈与税ゼロ」の意外な落とし穴

 婚姻20年以上の夫婦の場合、夫から妻あるいは妻から夫へ、住宅あるいは住宅を購入するための資金を贈与したときは、2000万円までは贈与税を非課税とする配偶者控除の制度があります。贈与の基礎控除110万円を含めれば2110・・・

このページの先頭へ