「遺言書」の検索結果一覧»マネーの達人

「遺言書」の検索結果一覧

相続実務での失敗談 「2つあった遺言書」

「夫が亡くなって1年経つが、この預金(郵貯)が下ろせない」 と婦人は相談に見えました。相続預金の解約は大変です。 相続預金の手続きの進め方 1. 死亡の事実が分かる戸籍 生きていれば、夫人が代理人で手続きすればよい。死亡・・・

民事信託(家族信託)は「遺言書」では効力のないwillを可能にしてくれます

日本の現状と将来 最近、相続の事で遺言書だけでなく民事(家族)信託という言葉を聞く機会が増えて来ました。 要介護(要支援)認定者数 65~74歳…72万人 75歳以上…497万人 合計…約584万人 参照:平成25年度「・・・

【相続トラブル実例】保険金は相続財産ではない 遺言書に追加すべきだった一言

私の知人が今トラブルを抱えている問題をご紹介します。 これからもよく起こる問題なので参考になると思います。 前提:夫、妻の二人暮らしであった。子供なし。 父母・兄弟姉妹はすべて亡くなっているが代襲相続人がいる。 公正証書・・・

事前の備え・事後の安心のための遺言書作成

日本の総人口は2048年には1億人を割ると見られています。また、総人口に対する65歳以上の高齢人口の割合を示す「高齢化率」を見ると、50年後(2060年)には2.5人に1人が65歳以上になると言われていて、急激な高齢化社・・・

遺言書を発見したら 家庭裁判所の「検認」から始める相続手続き

遺産相続をめぐる争いを避けるために作成されると一般的に言われている遺言書。一人でいつでも簡単に作成ができる「自筆証書遺言」、公証人が作成してくれる「公正証書遺言」、本人が作成するが証人を必要とする「秘密証書遺言」と、大き・・・

【遺言書作成】 専門家に依頼する前に知っておきたい3つのポイント

ポイント1 全ての財産について記載する 当然、個別に書ききれないので、「前条までに記載の財産を除くその余の一切の財産は○○が相続させる」と書く。 ある本では、「小規模宅地等の評価減などを受けられるものだけを記載する方法も・・・

相続税対策よりも「遺言書」 元気なうちに作っておく大切さ

相続税を「争続税」と呼ぶ人も増えている昨今、家族内の紛争で身も心もボロボロに成っているケースが数多く絶え間ない現状である。 何よりも大切なことは、相続税対策より、身内の相続トラブル対策のため、遺言書を書く(残しておく)こ・・・

遺言書の基礎 遺言書のよくある間違い、不安にQ&Aで回答

今回は「マネーの達人」編集部に寄せられた質問についてQ&Aで回答していきますので、似たような悩みでお困りの方は、ぜひご参考になさってください。 Q. 先日、祖母が亡くなり、遺産を孫にという遺言書がありました。そ・・・

[相続物語(4)] 付言「お父さんが死んでもお母さんが生活に困らないようにこの遺言書を書きました」

 お父さんが死んでもお母さんが生活に困らないようにこの遺言書を書きました。  中島先輩が作成した遺言公正証書は、こんな内容になったそうです。(内容は本コラム末尾に記載)  そして、証人には倉本しげ先輩ご夫婦がなられました・・・

遺言書を書く時に「相続させる」と「遺贈する」を使い分けていますか?

 遺言書の書き方で、財産を「与える」とか「譲る」と書くことがあります。また、遺言で財産を譲るのだからと、誰に対しても「遺贈する」と書いてあることもあります。一般的には遺言書を書く場合の財産の承継方法としては、「相続させる・・・

このページの先頭へ