「遺言書」の検索結果一覧»マネーの達人

「遺言書」の検索結果一覧

「相続対策」と「相続税対策」は違う 自分の死後、もめ事が起きない為の「遺言書」作成のススメ 

相続対策と相続税対策は違います。 「うちは家族の仲がいいから大丈夫」 「うちには相続対策が必要なほど資産は無いから」 と思っていても相続でもめてしまうことは少なくありません。 今回は「相続人は誰か」をしっかり確認すること・・・

【相続税】節税対策より「相続対策」が大切です。遺言書が無くて争った身内たち。

相続税の改正により増加する「相続の相談」 平成27年(2015年)から相続税の改正があったため、最近では相続の相談も多くなってきました。 改正により対象者が増加 以前は100人の方がお亡くなりなると4人から5人程が相続税・・・

「自筆証書遺言」の落とし穴 遺言書があっても遺族に負担がかかる場合がある。プロが教える「遺言書」のしくみ。

「遺言」について 一般的に活用されている遺言は 「自筆証書遺言」 「公正証書遺言」 の2種類があります。 遺言書を作る注意点 遺言書を具体的に作ろうと決めたら、どのような事に注意すべきであろうか。 2種類の遺言の比較をし・・・

「遺言書を作っておいてもらえば良かった…」 生前に遺言書の作成が必要な方のパターンを3つご紹介。

相続に関わる相談を数多く取り扱っておりますと この方は生前に遺言書を作っておけば良かったのに と感じる場面が度々あります。 専門家の視点から、生前に遺言書の作成を考えるべき方のパターンは次の3つです。 パターン1 子供の・・・

相続実務での失敗談 「2つあった遺言書」

「夫が亡くなって1年経つが、この預金(郵貯)が下ろせない」 と婦人は相談に見えました。相続預金の解約は大変です。 相続預金の手続きの進め方 1. 死亡の事実が分かる戸籍 生きていれば、夫人が代理人で手続きすればよい。死亡・・・

民事信託(家族信託)は「遺言書」では効力のないwillを可能にしてくれます

日本の現状と将来 最近、相続の事で遺言書だけでなく民事(家族)信託という言葉を聞く機会が増えて来ました。 要介護(要支援)認定者数 65~74歳…72万人 75歳以上…497万人 合計…約584万人 参照:平成25年度「・・・

【相続トラブル実例】保険金は相続財産ではない 遺言書に追加すべきだった一言

私の知人が今トラブルを抱えている問題をご紹介します。 これからもよく起こる問題なので参考になると思います。 前提:夫、妻の二人暮らしであった。子供なし。 父母・兄弟姉妹はすべて亡くなっているが代襲相続人がいる。 公正証書・・・

事前の備え・事後の安心のための遺言書作成

日本の総人口は2048年には1億人を割ると見られています。また、総人口に対する65歳以上の高齢人口の割合を示す「高齢化率」を見ると、50年後(2060年)には2.5人に1人が65歳以上になると言われていて、急激な高齢化社・・・

遺言書を発見したら 家庭裁判所の「検認」から始める相続手続き

遺産相続をめぐる争いを避けるために作成されると一般的に言われている遺言書。一人でいつでも簡単に作成ができる「自筆証書遺言」、公証人が作成してくれる「公正証書遺言」、本人が作成するが証人を必要とする「秘密証書遺言」と、大き・・・

【遺言書作成】 専門家に依頼する前に知っておきたい3つのポイント

ポイント1 全ての財産について記載する 当然、個別に書ききれないので、「前条までに記載の財産を除くその余の一切の財産は○○が相続させる」と書く。 ある本では、「小規模宅地等の評価減などを受けられるものだけを記載する方法も・・・

このページの先頭へ