服部 明美さんの記事一覧»マネーの達人

服部 明美さんの記事一覧

服部 明美 服部 明美 http://profile.ne.jp/pf/sr-hattoriakemi/

社労士はっとりコンサルティングオフィス 代表
短大卒業後、広告デザイン会社を経て、社会保障分野の出版社に編集者として22年間勤務。平成18年度社会保険労務士国家試験に合格し独立。平成19年10月、社会保険労務士会登録。平成21年4月、埼玉県桶川市にて開業。桶川市商工会会員。平成23年5月、社団法人日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラーとして登録。「お客さまの心に寄り添う社労士」をモットーに、年金とメンタルヘルスに強い社労士として活動中。二児の母。
<保有資格>:社会保険労務士、産業カウンセラー

【寄稿者にメッセージを送る】

【事例に学ぶ:年金の誤算】国民年金保険料の未納が原因で、障害年金を受給できなかった方たち

4

障害年金を受給するための要件 障害年金を受給するための要件の一つに、「保険料納付要件」があります。 障害の原因となった傷病の初診日の前日において、次のいずれかに該当することが必要です。 (1) 20歳になったときから初診・・・

【年金と扶養の誤解】サラリーマンの夫は、扶養する妻と2人分の厚生年金保険料を払っている?

「パートは扶養の範囲で」と決めて働いているE子さん。 「夫がサラリーマンで、扶養に入っていれば年金で有利だから」 というのがその理由です。 しかし、そこには大きな誤解がありました。 「夫は2人分の厚生年金保険料を払ってい・・・

【事例に学ぶ:パートと扶養】 短時間勤務で、夫は会社員なのに扶養に入れない人

とある100人規模の会社(A社)の人事部長さんから相談がありました。 「週4日、32時間の契約で働いてきたパート従業員(Bさん)が、家庭の事情で週3日の24時間契約になることとなった。 ウチの所定労働時間は週40時間なの・・・

【年金の誤解】国民年金保険料を25年間納めれば、義務を果たしたことになる?

まだ50歳なのに、「国民年金保険料を払い終えて、ホッとしたわ」と、勝手に『国民年金卒業宣言』をする人がいました。 「だって、25年間払ったんだから、それで義務は果たしたわけでしょ?」 自信あふれる笑顔に、気の弱い私は解釈・・・

【年金の誤解】若い頃に脱サラしたから、厚生年金は受給できない?

私が社会保障関係の出版社で編集部員として働いていた頃、フリーのデザイナーのKさん(男性。当時61歳)との間で、こんな会話がありました。 私:「Kさんは昭和17年生まれだから、60歳から厚生年金が受給できるんですよね。定額・・・

【年金の誤解】厚生年金の受給も、65歳まで待たなければ損をする?

「年金は、65歳になる前に受給すると損をする」といって、特別支給の老齢厚生年金(65歳前に受給できる厚生年金)の請求を遅らせる人が少なくありません。 老齢基礎年金(国民年金)の繰上げ受給と混同しているケースもありますが、・・・

個人事業主が社会保険の被扶養者になる時のポイント

起業していても扶養に入ることができる  確定申告の時期ですね。平成27年は2月16日(月)から3月16日(月)までです。  起業していても軌道に乗るまでは、赤字決算になったりして、思うように利益が上がらないものです。そん・・・

「ねんきんネット」で年金見込額を確認しよう

50歳以上の人の「ねんきん定期便」に記載されている年金見込額  毎年誕生月に届く「ねんきん定期便」(以下「定期便」という)。50歳以上で老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人の「定期便」には、現在加入している年金制度・・・

予備校生の国民年金保険料 「学生納付特例」か、「若年者納付猶予」か?

学生も二十歳になったら国民年金 払えないなら免除申請  国内に住む20歳以上の人は、全員国民年金に加入します。学生も、無職でも例外ではありません。所得が少なくて保険料を納めるのが難しい人には、世帯の所得に応じて免除しても・・・

6月13日の定期支払から、年金額が下がります。

4月の年金額改定が反映されるのは6月の支払日  年金は2ヵ月に1回、偶数月の15日(土・日・祝日に当たる場合はその直前の平日)に前2ヵ月分が支払われます。したがって、今年の6月13日(金)に振り込まれる年金は、平成26年・・・

このページの先頭へ