小谷 晴美さんの記事一覧»マネーの達人

小谷 晴美さんの記事一覧

小谷 晴美 小谷 晴美 http://hkotani.jimdo.com/

独立系ファイナンシャルプランナー
国立大阪教育大教育学部卒業。2006年、ファイナンシャルプランナー資格を取得。保険や金融商品の販売を目的としない独立系ファイナンシャルプランナーとして起業。「自分らしい暮らしと未来を守る家計づくりのお手伝い」をモットーに中立的な立場で個人相談やマネーセミナー等の講師を務める。■企業研修:世代別ライフプラン研修、定年前研修、金融機関向け提案力強化研修 / ■講演・セミナー:消費者向けマネーセミナー、女性起業セミナー、学生向け金融教育
保有資格:CFP、中小企業診断士、住宅ローンアドバイザー

【寄稿者にメッセージを送る】

夏休みにお子さんと一緒に読んでほしい 子どもたちに伝えたい「上手なお金の使い方」のお話

いよいよ夏休みに入りましたね。 帰省してお小遣いをもらったり、お小遣いを持ってお友達と出かけたり、子ども達がお金にふれる機会が多くなる夏休みは、お金の使い方を学ぶチャンスでもあります。 今日は、小学校などで行っているマネ・・・

住宅ローンの「魔法のことば」にご用心 定年近くになると、魔法がとけて馬車がカボチャに戻ります。魔法を解く呪文はコレ。

今借りている住宅ローンはいつまで返済が続きますか? 住宅ローンの返済額を尋ねると「月〇〇万円くらいです」と即答される方も、「返済が終わるのはいつですか?」と尋ねると口ごもる方が少なくありません。 また、住宅ローンの見積も・・・

「どんぶり勘定」大歓迎! 家計簿をつけなくても家計を把握し「貯金」することはできる 家計管理は「ゆるふわ」がおススメです

「家計簿が続かない」という悩みはありませんか? GW明けのこの時期は家計簿に挫折しやすい時期。先日も「何度トライしても続かない」と相談にいらしてくださいました。 「家計管理の基本」とも言われる家計簿ですが、あなたは次のど・・・

パートの壁が変わる! 配偶者控除の改正であなたの家の「世帯収入」はこうなる。

配偶者控除が改正されました 2017年3月、税制改正法が成立し、2018年から配偶者控除が改正されることになりました。 配偶者控除の見直しについて、様々な情報が入ってくるものの、「わが家にはどのような影響があるのか、いく・・・

FPの私が見た!もったいない「確定申告の申告漏れ」ベスト5

相談現場で見受けられる所得税の申告漏れについて、よくある事例や「もったいない」と感じた事例を織り交ぜ、独断と偏見でランキングしました。 あなたにも「もったいない申告漏れ」がないか確認しながらご覧ください。 第1位 期限を・・・

プチ起業の「確定申告」でよくある「誤解」ベスト5

確定申告が近づくと、プチ起業と呼ばれる個人事業を始めた女性から税金や社会保険に関するご相談を受ける機会が多くなります。 中には、税制に対する「誤解」から不安を抱えていたり、望む働き方を諦めている方も少なくありません。 そ・・・

副業起業家の確定申告でよくある「疑問」ベスト5に回答 やましい気がして、モヤモヤしていませんか?

正社員の副業を後押しするという国の指針が示されました。 厚生労働省の「モデル就業規則」から副業・兼業禁止規定をなくし、「原則禁止」から「原則容認」に転換されるようです。 既に正社員やパートとして働きながら、個人事業を営む・・・

あなたは「何%の人」ですか? 税制に踊らされないために、自分の「所得税率」を知っておこう

日本の所得税の税率は5%~45%までの超過累進課税となっていますが、あなたの税率は何%かご存知ですか? 年末調整で税金計算が終わってしまう会社員の方は、自分が「何%の人」なのか、あまり意識されていないように感じます。 し・・・

保険見直しは「遺族年金セルフチェック」から 職業・性別・家族構成でこんなに違う「遺族年金4タイプ」

保険見直しでムダ、ムラを省く 保険料の控除証明書が届くこの時期は保険見直しのチャンスです。保険を見直す際にまず確認したいのが公的保障です。 給料の約14%の保険料を支払っている社会保険で、既にどの程度の保障が備わっている・・・

超える? 超えない? 「106万円の壁」手取りの変化と「社会保険」に加入するメリット

10月1日から501名以上の企業に勤めるパート従業員は、年収が106万円(月8.8万円)以上になると社会保険に加入することになりました。 これまで130万円の壁を超えない程度に就業調整をしてきた方にとっては、106万円の・・・

このページの先頭へ