徳田 仁美さんの記事一覧»マネーの達人

徳田 仁美さんの記事一覧

徳田 仁美 徳田 仁美

関西地方都市在住の30歳代主婦。某私立大学文学部卒。「良いものを長く使う」「不健康が最大の損失」「家族円満は無料で最大の幸福」を心がけて、主婦業を営む。夫の収入で家計を管理する、現在は2児の母。子だくさんでも成立する家計を模索。家計とは別に、結婚前の貯金を株式投資やFXなどで運用する。投資歴は8年程度。最近は新しい時代を作ってくれそうな企業に注目している。

【寄稿者にメッセージを送る】

学校で教えてもらっていた! 家計を考えるときに絶対必要な3つの考え方

「学校では教えてくれない!」と言われると、テレビでも雑誌でも「おっ」と思いますよね。 どうやら世の中は学校で教えてくれない、大切なことであふれているようです。 でもそれじゃあ、学校は大切なことを教えてくれていないのでしょ・・・

「子供のためだからっ」と教育資金をひたすら貯めてませんか? 4つの盲点から教育資金について考えました。

かわいいわが子には幸せな将来をつかんでほしい とは、親ならば誰もが思うこと。そして、そのためには十分な教育が不可欠なのでしょう。 「大学に行きたい」と、子どもが言ってくれるなら、資金面ではサポートしてあげたいですよね。 ・・・

家電購入は主婦(夫)の家事負担を大きく減らす 時短が家計に与える4つの恩恵とは

高度経済成長期に普及した三種の神器(電気冷蔵庫、電気洗濯機、テレビ)は、主婦たちの家事時間と手間を大きく削減してくれました。 進歩は続き、最近では自動洗濯物たたみ機までもが開発されていると聞きます。 これらの家電が主婦(・・・

教育資金の貯め方6つを比較して考えました。あなたはどれを選びますか?

貯め方は学資保険だけじゃない! 子どもが生まれてひと段落したら、考え始めるのが教育資金の準備。 特に大学は私立か公立か、はたまた文系か理系かでずいぶん差が生じるようですが、そんなことは赤ん坊を見ていても分かりません。 い・・・

「専業主婦」が突然入院した時のリスクはハンパない。乳児期~幼児期のお子様をお持ちのあなたへ

「日本死ね」で話題になった待機児童問題も、最近では保育士の待遇改善へステージが移っているのでしょうか。 少子化を問題視するのに保育は足りないというおかしな話は、早く解決してほしいものです。 そんな重要問題から見ると、かす・・・

「確定申告」の書類集めや段取り 2月からでは遅い! 来年の為にも1月から始めるべき理由とは

確定申告の季節がゆっくりと近づいていますね。 世間はトランプ相場で騒がしいですが、それはそれ、これはこれ。「1ドルの節約は1ドルの収入」です。 ビッグゲインを狙うのも大切ですが、したたかに所得を圧縮するのも大切です。 確・・・

「申酉騒ぐ」の折り返し地点。「相場格言」で占う今年の相場。

さる2016年12月8日、安倍晋三首相の年末エコノミスト懇親会での挨拶から。 「今年は申年、そして来年は酉年でありますが、相場の格言は「申酉騒ぐ」ということで、正に今年はそれにふさわしい年になってしまいました。」(首相官・・・

一年の計は「年末」にあり! ~来年こそ家族に合った家計簿を~

もう年の瀬ですね。 お仕事をお持ちの方は仕事じまいに向けてまい進、そして夜は忘年会なのでしょうか。 主婦の方々も、やっぱり新年は晴れ晴れと迎えたいですから、普段できないことを一気に片づけるのに大忙しの毎日なのではないでし・・・

「住宅ローン控除があるのに年末調整であまり戻ってこないよ~」とガッカリする前に…

今年も残りわずか。冬のボーナスのインパクトが大きいのでその陰に隠れてしまいがちですが、サラリーマン世帯にとっては12月のお給料も楽しみですよね。 何たって、12月のお給料は生命保険料控除などがまとめて年末調整されているた・・・

専業主婦の年収が計算できる「主婦の年収シミュレーター」やってみたら… なんと!900万円でした

外で働いてお金を稼いできてくれている夫には、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。 ただ、うらやましくなる時もあるのです。というのも、お給料をもらっている人は時々「昇給した!」だとか「ボーナスが出た!」だとか嬉しそうなんです・・・

このページの先頭へ