沼田 順さんの記事一覧»マネーの達人

沼田 順さんの記事一覧

沼田 順 沼田 順 http://cfpnumata.blog130.fc2.com/

1975年兵庫県に生まれる。1994年、地元の公立大学である神戸商科大学(現・兵庫県立大学)に入学。学生時代の1997年に宅地建物取引士試験に合格。翌年の1998年、住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)に入庫。2008年、独立後勉強していたCFP上級資格を取得し翌年の2009年にCFP認定者及び1級FP技能士となる。
【保有資格】1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP(R) / 宅地建物取引士 / 住宅ローンアドバイザー / ビジネス法務エキスパート® / 証券外務員2種 / 銀行業務検定各種

【寄稿者にメッセージを送る】

住宅ローンにおける収入合算(ペアローン)の危険性

 住宅ローンで収入合算という制度があります。これは例えば、ご主人と奥様が共働きの場合にお互いの収入を合算して、その収入で借入金額を判断する制度です。  しかし、私が公庫勤務時代に一番債務不履行が多かったのもこの形態です。・・・

2014年5月のソニー銀行の住宅ローン金利と今後の見通し

 銀行の中では数少ない、翌月の適用金利を今月に発表しているソニー銀行ですが、5月は固定金利が全て低下しました。  まず変動金利ですが、これは日銀が「量的・質的金融緩和」を継続していることや、日本の短期金融市場が安定してい・・・

2014年3月の住宅ローン金利と今後の見通し

 まず変動金利ですが、これは据え置きとなりました。2月17~18日に日銀で開かれた金融政策決定会合では、金融機関向けの貸出支援制度が拡大延長されましたが、基本的な金融政策は現状維持されており、現在は金利を引き上げる環境に・・・

2014年3月のソニー銀行金利と今後の見通し

 銀行の中では、数少ない翌月の適用金利を今月に発表しているソニー銀行ですが、3月は固定金利が全て低下しました。  まず変動金利ですが、これは日銀が「量的・質的金融緩和」を継続していることや、日本の短期金融市場が安定してい・・・

2014年2月の住宅ローン金利と今後の見通し

 まず変動金利ですが、これは据え置きとなりました。1月21~22日に日銀で開かれた、金融政策決定会合でも金融政策の現状維持を決定するなど、現在は金利を引き上げる環境にはありません。  日銀は、2%の物価上昇率を達成するま・・・

日本で利用される日も近い? 「クレジットスコア」とは

 「クレジットスコア」とは、簡単に言えば、クレジットカードの利用履歴などで点数がつく信用偏差値のことです。クレジットカード社会のアメリカでは昔から普及していて、日本でも最近はクレジットカードの利用が伸びていることから、い・・・

2014年2月のソニー銀行金利と今後の見通し

 銀行の中では、数少ない翌月の適用金利を今月に発表しているソニー銀行ですが、2月は固定金利が多少低下しました。  まず変動金利ですが、これは日銀が「量的・質的金融緩和」を継続していることや、日本の短期金融市場が安定してい・・・

日本でもノンリコースローンは普及するか

 企業の資金需要が乏しく、過熱気味の住宅ローン市場ですが、低金利が継続し、銀行側も住宅ローンはデフォルトの確率が低い商品なため、今後も様々な住宅ローン商品が登場する可能性があります。  その中でもいずれは登場するだろうと・・・

ついに長期金利の1%割れも視野に

 たびたびこのブログでも、長期金利が低下している話題はお伝えしてきましたが、欧州の景気不安に加えて、アメリカでも景気不安が強まっており、金利がさらなる低下余地を探り始めたと日経新聞が伝えています。  過去に長期金利が1%・・・

このページの先頭へ