小坂 亮太さんの記事一覧»マネーの達人

小坂 亮太さんの記事一覧

小坂 亮太 小坂 亮太 https://sites.google.com/site/kosakakaikei

小坂会計事務所 代表税理士
1977年10月11日生まれ ディズニーランドのある千葉県浦安市で生まれ、千葉のベッドタウンの一つである千葉県松戸市にて育つ。2011年12月、苦節9年、税理士試験に合格し、税理士登録する。
都内の会計事務所勤務を経て、現在は東京新宿にて会計事務所を開き、勉強に仕事に一生懸命頑張っている。
保有資格:税理士、宅地建物取引主任者

【寄稿者にメッセージを送る】

「確定申告の無料相談会」で相談員をして気づいた、勘違いされやすい12のポイント

「確定申告の無料相談会」に相談員として参加してきました 今、旬の話題であるので、確定申告の注意点というテーマでコラムを書きます。 毎年、この時期、2月から3月中旬になると確定申告の話題で持ち切りです。 この時期の確定申告・・・

共通点と相違点から見る「年末調整」と「確定申告」 自分の支払っている税金を把握しよう。 

「年末調整」と「確定申告」というテーマでコラムを書き進めることとします。 年末調整と確定申告の共通点 最初に、年末調整と確定申告の共通点を言うと、両者ともに所得税の過不足の精算である点です。 ですので所得税を納め足りなか・・・

ふるさと納税とは 平成27年度改正点を踏まえて

ふるさと納税とは地方への寄付をすることで、その地方から返礼品というかたちで特産品をもらえて、さらに税金が寄付をした金額まるまる減らせる(2,000円を除く)というメリットがある制度です。 ざっくり言いますと10,000円・・・

節税を考えた場合の確定申告 社会保険料控除について

 税金の金額を少なくする計算要素の一つに社会保険料控除があります。社会保険料控除には国民健康保険、国民年金等があり、あなたの分や生計を一にする親族の分もあなたが支払えば控除の対象となります。  生計を一にするとは勤務や学・・・

寄付をしたときの確定申告 「寄付金控除」の大枠を解説

 今回は寄付をしたときの確定申告について書きたいと思います。一定の寄付をした場合には寄付金控除という制度が適用され、税金の申告をすると税金が減額されます。寄付金控除は実は非常に複雑です。なので、以下、おおまかに説明します・・・

年の途中で退社した場合の確定申告

 サラリーマンの場合、年末調整で所得税の納税は完了しますので、原則的には確定申告の必要はありません。年の途中で退社したサラリーマンの場合は、年末調整をしませんので、確定申告をしなければなりません。ただし、中途退職した同じ・・・

二か所以上から給料をもらっている場合の確定申告

  二か所以上から給料をもらっている場合、主たる給与以外の給与が20万円を超える場合は、原則、確定申告する必要があります。   確定申告といっても手続は簡単で、給与所得の源泉徴収票を白紙のA4用紙に2枚貼り付けて、確定申・・・

住宅をローンで購入した際の確定申告 控除の条件と必要な書類

  マイホームをローンで購入した場合、条件を満たせば、最高年40万円(24年入居年)が所得税から控除されます。住宅ローン控除は、一般の住宅と認定長期優良住宅・認定低炭素住宅とで控除額が異なり、一般住宅の場合は10万円控除・・・

多額の医療費がかかった場合の確定申告

  医療費が年間で合計10万円を超えた場合はサラリーマンでも確定申告をすれば税金が減額されます。   この場合の年間というのは1月1日から12月31日までの期間で、合計10万円というのは一緒に暮らしている家族の分、仕送り・・・

知って得する税金知識 サラリーマンでも税金申告が必要な場合

はじめまして、税理士の小坂と申します。税金の知識を一般の方にもわかりやすく、お伝えできればと思い、コラムの執筆を始めました。税金というと年末調整で済ましているので関係ないと思われているサラリーマンの方々が多いですが、サラ・・・

このページの先頭へ