後藤 誠道さんの記事一覧»マネーの達人

後藤 誠道さんの記事一覧

後藤 誠道 後藤 誠道 http://fp-goto.com

後藤FP事務所 代表
会計事務所・企業にて経理労務関係を中心に20年間勤務後、平成14年にFPとして独立する。大阪府・兵庫県を中心にセミナー講師、個人のライフプランを中心に家計の見直し・貯蓄・年金・生命保険・相続・資産運用・住宅ローンなど特定の金融機関に所属せず中立公平な相談・アドバイスを行っています。保険のセンンドオピニオンとしてご相談のみ(保険の勧誘を受けたくない)をご希望の方もお問い合わせ下さい。
<保有資格>ファイナンシャルプランナー(日本FP協会・上級 資格CFP認定者)、1級ファイナンシャルプランニング技能士(厚生労働省)、証券外務員二種(日本証券業協会) 、簿記検定1級(日本商工会議所)

【寄稿者にメッセージを送る】

自己破産が13年ぶりの高水準に 銀行カードローンの実態と注意点

銀行のカードローンの実態や注意点 銀行が扱う個人向けカードローン融資残高が急増し、過剰な融資によって自己破産に陥ってしまう事例など懸念が広がっています。 2010年の貸金業法改正で貸金業者には融資する額は「年収の3分の1・・・

【配偶者控除の改正】 「代表的な壁の基準」と「社会保険加入」はどうするべきかを一般的な年収の夫婦で説明します。

「税制改正大綱」 2016年12月8日に与党は「税制改正大綱」を決定し、2017年1月には通常国会で議論され、3月末の年度内には成立の見通しです。 税制大綱とは 税金の税率や課税の対象をどのように見直すかなど、今後の検討・・・

「なんでこんなに引かれるの?」 意外と知らない給与明細の疑問に回答

新人サラリーマンから、実際の銀行の振込み額が説明された月給と大きく違っていた、「こんなに引かれるの?」 と愕然とした、という話をよく聞きます。 そこで、今回は新人サラリーマンは勿論、ベテランサラリーマンでも意外と知らない・・・

「外貨預金」の仕組みと注意点 手数料や為替変動で大きく元本割れすることも

今年初めにマイナス金利を導入し、ただでさえ低金利なところへさらなる低金利を招き、過去にない超低金利時代となりました。 住宅ローンなどを借りる方は別として、まとまった資産をお持ちの方で今の金利に不満な方にとっては、新しい運・・・

気になる「夏のボーナス(賞与)」の使い道 優先度の高いものと低いもの

2016年夏のボーナスの支給額予想 今年も公務員・民間企業にお勤めの方にとっては楽しみなボーナス(賞与)の支給日が近づいてきました。 支給額についてはいろいろと予想が出ていますが、支給日については公務員は6月中、民間企業・・・

日銀の「マイナス金利政策」の導入で生活に変化も

日銀が導入した「マイナス金利政策」とは 1月29日、日銀は企業の設備投資や賃上げを促す事を目的に、金融政策としては初めて「マイナス金利政策」の導入を発表しました。 以前から日銀は準備預金制度があり、対象となる民間金融機関・・・

プレミアム商品券は本当にお得? その仕組みと問題点

政府は2014年度補正予算に緊急経済対策として盛り込まれた総額4,200億円の地方創生の新たな交付金の配分を決め、そのうち2,500億円が「地域消費喚起・生活支援型」としてプレミアム商品券の発行財源となっています。 それ・・・

株式投資に向いていない人の4つの特徴

日経平均株価が2012年に横ばいから上昇に転じて、2015年4月に終値で2万円を超え、2年以上にわたり堅調に推移しています。 本屋さんには『私は1年間で〇〇万円儲けました!』等の本が山積みされており、今までお金の運用を銀・・・

相続税の改正と相続トラブル 一般家庭にも影響が広がりそうです

 2015年1月から相続税の大きな改正が行われました。相続は税金も大きな問題ですが、相続税だけではなく円満な遺産分割が求められます。現実には複雑な人間関係が絡んでトラブルに発展する例も少なくありません。そこで今回は相続税・・・

『ふるさと納税』制度のメリットと問題点 地方間格差を避けられるか

 いま『ふるさと納税』が話題になっていますね。本屋さんに行けば株主優待制度と並んで『ふるさと納税で特産品をゲット!!』 などさまざまな本が所狭しと並べられています。今回は『ふるさと納税』について少し考えてみたいと思います・・・

このページの先頭へ