相原 隆志さんの記事一覧»マネーの達人

相原 隆志さんの記事一覧

相原 隆志 相原 隆志 http://www.e-hoken.com/hp/aihara

平成5年6月より保険業界へ。生保・損保の総合保険代理店を経営譲渡して平成25年より独立系ファイナンシャルプランナーとして活動。身内を病気で亡くした経験からドクター選びの考え方、セカンドオピニオンの心構え、考え方などもアドバイスしている。また、大切なお金を守る為にお金の勉強会、相続や生前贈与のセミナー、勉強会も開催している。
<保有資格>:ファイナンシャル・プランナー(AFP、2級ファイナンシャル・プランニング技能士) /相続資産コンサルタント協会会員 / 剣道初段

【寄稿者にメッセージを送る】

【地震保険】地震リスクに備える費用を考える際に見落としがちなこと

地震保険(建物、家財)は加入した方がいいのか?! 地震保険と言っても地震だけでなく、噴火、津波の場合にも補償される保険です。火災保険とセット加入となります。 地震が原因で火災になってしまった場合も当然、地震保険に加入して・・・

家族信託を活用すれば、ふつうは不可能なことも可能に 2つの事例で説明します

事例その1 障害のある子供の将来が心配なご家庭の場合 障害のある子供(A)と親(B)の2人暮らしの場合です。 将来のこどもの身の回りの世話などが心配になりますよね。元気なうちはいいですが、ある日突然認知症等になってしまっ・・・

民事信託(家族信託)は「遺言書」では効力のないwillを可能にしてくれます

日本の現状と将来 最近、相続の事で遺言書だけでなく民事(家族)信託という言葉を聞く機会が増えて来ました。 要介護(要支援)認定者数 65~74歳…72万人 75歳以上…497万人 合計…約584万人 参照:平成25年度「・・・

10人に7人は納め過ぎ? 相続税の実態とは

なぜ? 10人に7人も「納め過ぎ」になってしまうのか? 相続税は自己申告納税制度と言って複雑な『土地評価』という作業を自ら行わなければならない。 納税者自らが申告してきた内容が正しいという前提 → 税務署側からは教えてく・・・

今さら聞けない「終活」 万一の場合、家族はどんな問題に直面するの?

終活の目的は……人生の終わりを考える事を通じて今の自分を見つめ直し今後をより自分らしく生きる活動の事。 効果としては……これからやりたい事を計画出来る。残された家族を助ける事が出来る。そして、お互いにハッピーとなる。 「・・・

マイナンバー制度のメリット&デメリットを知っておこう

いよいよマイナンバーが開始 最近、新聞や雑誌などでも話題になっているマイナンバー制度。平成27年10月より住民票の住所に通知カードが送付され、平成28年から運用が開始されます。 いよいよマイナンバーが開始されます。みなさ・・・

特定の病気(臓器の一部)だけでなく、臓器全体を支払い対象とした保険を選ぶポイント

皆さんは「保険約款」をしっかり読んでいますか? 大事な事が書いてあるのは分かっていても、見えにくいように作られているのか、見るのが面倒でなかなか見ないのではありませんか。最近ではCD約款(CD-ROM約款)などもあります・・・

相続は生前から始まる 相続準備の正しい順序とは

今年から特に関心が高まっている相続。今年の1月から基礎控除額が変更になり相続税の支払い対象となる方が増えているからですね。 相続とはなんでしょう? 人が亡くなってから単にお金や財物を引き継ぐ事だけが相続なんでしょうか? ・・・

日常生活での賠償事故に備える「個人賠償保険」

最近では以前より有名になって来た『個人賠償保険』 これって何? 『個人賠償保険』とは 日常生活でお子様が他人の自動車にキズをつけてしまった。 自転車に乗っている時に老人や小さいお子さんをケガさせてしまった。 飼い犬が他人・・・

目的にあったお金の預け方 通貨と預け先を分散させよう

あなたは銀行、郵便局の円だけにお金を預けていないだろうか。今まではそれでも良かったが今は賢明とは言えない。 具体的には外貨に通貨分散してお金を預ける方法だ。海外に口座を開設する方法も1つである。外貨と言っても種類は沢山あ・・・

このページの先頭へ