工藤 崇さんの記事一覧»マネーの達人

工藤 崇さんの記事一覧

工藤 崇 工藤 崇

株式会社FP-MYS代表取締役社長兼CEO
ファイナンシャルプランニング(FP)を通じて、Fintech領域のリテラシーを上げたいとお考えの個人、FP領域を活用して、Fintechビジネスを開始、発展させたいとする法人のアドバイザーやプロダクトの受注を請け負っている。Fintechベンチャー集積拠点Finolab(フィノラボ)入居企業。執筆実績多数。東京都千代田区丸の内。

【寄稿者にメッセージを送る】

税務署は「所得控除」について教えてくれない 代表的な控除はコレ

今年も年末調整の季節。毎年11月を過ぎると生命保険会社から「生命保険控除証明書」が送ってきます。 今回はこの「控除」について。 1. 控除とは? 控除の正式名称は「所得控除」です。代表的なものを以下の表に記載しますが、数・・・

年末調整について基本の「き」をおさえよう

年末調整について基本の「き」 今回は年末調整についてです。「まもなく年の瀬…」と1年を振り返る季節になると、加入している生命保険会社から「生命保険料控除証明書」なる書類が送られてきます。会社員の方は、この書類を勤務先に提・・・

時代に対応した「ミニ保険」5つを紹介 思わず「あ、そういう保障もあるのか」と膝を打つ斬新な商品も

最近注目されている「ミニ保険」 保険は生命保険、損害保険がよく知られていますが、ミニ保険は正式名称を「少額短期保険」といい、生命保険の内容も、損害保険の内容も広くカバーしている保険です。 生命保険分野の補償額が最大300・・・

教えてFintech(6) 期待される「相続×Fintech」のサービス

お金の使い方が多様化している現在 「人生の三大資金」は一般的に、老後資金、住宅資金、教育資金といわれています。現在はお金の使い方も多様化しているため、「住宅を買わずに一生を賃貸で過ごす」という人も増えています。 他ならぬ・・・

教えてFintech(5) 日常生活にビットコイン(仮想通貨)が対応してくる

ビットコインで電気料金の支払いが可能に 今月25日、仮想通貨のひとつであるビットコインの名前が大々的にテレビで報じられました。 「公共料金の支払いにビットコイン対応へ」というニュースです。具体的には、電気代支払いの場面に・・・

教えてFintech(4) Next Fintechはマネーにも関係の深い「あの分野」

2016年9月21日(水)、当社も本社を置く東京は千代田区丸の内で、「FinSum(Fintech Summit)」というFintechのイベントが盛大に行われました。 金融庁、日本経済新聞社主催のこのイベントでは、生命・・・

教えてFintech(3) 今の「経験」と「Fintech」をどのように繋げるか

今年5月に丸の内のFintech集積オフィスに入居してから、これまで活動してきた士業(専門資格の有資格者)のなかでFintechを唱える者は珍しいからか、様々な場所で「Fitechについてわかりやすく説明して欲しい」とい・・・

教えてFintech(2) 新たなサービスを迅速に提供するドア「API」を知ろう。

Fintechについての印象 Fintechについて話をするとよく、 「Fintechは破壊者なんでしょ」 という声を聞きます。主に会計のクラウド化や決済サービスにおける革新的な技術によって、「今ある仕事がなくなってしま・・・

教えてFintech 基本の「き」をおさえましょう。

雑誌や新聞で最近、Fintech(フィンテック)という言葉をよく耳にします。金融系の言葉だと認識はしていても、詳しいことは知らない。流行り言葉として何となく使っている。そして、今さら聞けないという人も多いでしょう。 今日・・・

このページの先頭へ