中井 泰男さんの記事一覧»マネーの達人

中井 泰男さんの記事一覧

中井 泰男 中井 泰男

自宅マンションの購入、賃貸、売却を経験し不動産に魅了される。宅建士、管理業務主任者の資格取得、住宅ローンの借り換えを5回実施。金融機関との金利交渉を数多く経験しており、自身の不動産売買、住宅ローンの借り換え経験をもとに、買い手側に立った記事を不動産サイトに投稿中。現在は50代後半。

「住宅ローンの支払いがマジで厳しい…」と思ったら 、まず最初に取るべき行動とは?

住宅ローンは長丁場 住宅ローンは30年、35年の長丁場になります。 借り換えを検討、繰り上げ返済を実施して毎月の返済金額を減らしたり等、ところどころでメンテナンスが必要になります。 メンテナンスを実施しながら最後まで払い・・・

「住宅購入ファースト」にならないために 購入後、驚くほど多額の費用が必要になります

【アメリカファースト】 ついにトランプ氏が大統領に就任 【都民ファースト】 東京大改革を掲げた小池都政 トランプ大統領と小池東京都知事。今このふたりがマスコミに取り上げられない日はありません。 ふたりにスポットライトが当・・・

夫婦ふたりで買った自宅 離婚した時、「住宅ローン」はどうなる?

今や日本の夫婦の離婚率は30%に達しています。 この事実を知って、私は「住宅ローンってどうなるだろう」と頭によぎりました。 離婚すること自体厄介な問題なのに住宅ローンが絡んでくると話はかなり複雑になります。 共同名義で購・・・

住宅ローンを借入すると、生命保険、医療保険がおまけで付くという考え方

昨年は世界でまさかの事が数多く起こりました。 イギリスのEU離脱 アメリカ大統領選挙(トランプ氏勝利) そして、もしトランプ氏勝利の場合、円高株安予想がおおかたの経済アナリストの予想でした。結果、トランプ氏勝利の当日は大・・・

マイナス金利時代だからこそ使える「住宅ローン借り換え」の禁じ手

住宅ローンの借り換えを検討する時は金利を基準に判断します。 現在借入している金利より低い住宅ローンに借り換えすると効果が発揮されます。 毎月の返済金額が減ります。毎月の返済金額が減ると、総返済金額(元金+利息)が大幅に削・・・

あなたの住宅ローン、「変動金利」のままで大丈夫? 35年変動が一番危険

イギリスのEU離脱、アメリカ大統領選挙、そして、まさかのトランプ氏勝利 今年は予想外の事が起こる年です。 住宅ローンの変動金利がまさかですが、一気に上昇する可能性だってあります。現状、長期金利が上昇傾向にあります。 住宅・・・

マンションは「管理」を買え(2) 運用は「管理会社」任せにしていない事が大切

長期修繕計画がどのように立案されているのか確認する マンションは「管理」を買え(1)の続きです。 車を販売した会社は販売した車に対して、6か月点検、1年点検、車検等のメンテナンスの仕組みを構築して、車を販売した後もメンテ・・・

マンションは「管理」を買え(1) 適正な修繕積立金を知る

「管理を買え」とは? 新築マンション、中古マンションを購入する場合、実際に居住する専有部分のみに目がいきがちです。実際は建物全体を見るべきです。 「管理」を買えとはマンションの建物全体を維持管理する仕組みがしっかりと構築・・・

身の丈に合ったマンション選びのポイント

マンションを購入するには、まずは住宅ローンでいくら借入できるかがポイントになります。借入可能額は年収によって決まります。 ただ、借りれる金額は分ったとしても、自分の身の丈にあった購入額はいくらなのでしょうか? それは、1・・・

【経験談】優良資産になるマンションは中古物件

マンション新築・中古物件を購入を両方経験して 私は最初に購入したマンションは新築でしたが、2回目に購入したマンションは築3年の中古物件でした。 ほぼ同条件の新築マンションと比較し、400万円の価格差が決定打になり、中古マ・・・

このページの先頭へ