「育児・教育」の記事一覧»マネーの達人

【「教育・育児」の詳細テーマ】 教育費 養育費 学費 養育費 奨学金 出産 育児 子供 学資保険 離婚

「育児・教育」の記事一覧

「奨学金=借金」督促3回でブラックリスト 月1万3,000円支払い、37歳で完済した息子を持つ筆者の体験談

40歳近い息子は、大学院の時に自分の判断で、日本学生支援機構から奨学金を借りていました。 就職してから月々1万3,000円を返済し続け、37歳で完済しました。 いまだに彼が独身なのは、奨学金の返済があったからではないかな・・・

子どもへの「お小遣い」いくら渡してる? 管理の仕方、使い方のルールについて

子どもが小学生になると友達同士の付き合いが多くなり、その中でお金を使うようなシーンも少しずつ増えてきます。 そこで必要になってくるのがお小遣い。 でも「一体いつから、どれくらい渡せばいいのか」と悩んでしまう人も少なくあり・・・

我が家の息子が「公立中学」の入学してかかった費用を大公開 制服や部活用品など全部でいくら必要?

お子さんが中学校へ入学するときにかかる費用について 「学資保険だけでカバーできるの?」 「いくら用意しておけば良いの?」 そんな悩みや不安を抱えていらっしゃる親御さんも多いのではないでしょうか。 今回は、私の息子が今年(・・・

中学校の「部活費用」は公立でも意外とかかる件 小学校時代の習い事を辞めてその月謝分を塾代に…と思っているとあてがはずれます

この夏、中3の子どもがソフトテニス部を引退しました。 休みもほとんどなく、早朝から夜までの練習はハードだったと思います。 それでも、引退時に充実した表情で「部活楽しかった~」と言うのを見ると、親としてもうれしいですね。 ・・・

2人に1人が奨学金を借りているとされる現代の大学生 「学生生活調査」で明らかになるリアル生活状況とは。

大学生の生活状況 2人に1人が奨学金を借りているとされる現代の大学生。 授業料も上がる傾向にあり、大学生の生活状況はますます厳しくなると言われています。 実際にその状況はどうなっているのか…。 日本学生支援機構が行なった・・・

子どもが大学を卒業するまでにかかる「お金」の話 一概に公立が安いと言えない訳とは 

子どもにかかるお金の中身を把握してみましょう 子どもにかかるお金はおおざっぱに言うと生活費と教育費に分けられます。 食費や衣服費といった生活費は必ずかかってくるお金で、その中にはおもちゃやレジャーといった娯楽費も含まれま・・・

これから、奨学金制度(スカラシップ)の利用を考えている方へ 個人、家族レベルで考えておくべきこと

最近、「高校無償化」あるいは「大学無償化」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。 政治の場面などでよく出てくる言葉ではありますが、「無償化」という概念が登場した背景には、少子高齢化や格差拡大など日本社会全体が抱える・・・

あなたにはどちらが向いている? 「奨学金」VS「国の教育ローン」6つのチェック項目で判定しよう

大学は本当に、お金がかかります。 万全の用意をしたつもりでも、いざ進学を目前にすると受験料が予想外にかかったり、滑り止めの入学金が必要だったり、新生活への準備、と次から次へと必要経費がでてきます。 そんなときの救世主、低・・・

学校に通えなくなった子どもの居場所「フリースクール」の授業や費用について

ここ数年、自殺者が急増する8月末~9月初め。 長い夏休みが終わって学校が始まるこの時期は、いじめなどの様々な事情から学校に行きたくない子ども達が自ら命を絶つという悲しいニュースを耳にすることが多くなります。 2016年1・・・

「塾代」や「受験料」まで支援してもらえる東京都の「受験生チャレンジ支援貸付事業」とは

「進学費用」というと入学金や授業料のことが頭に浮かびますが、それ以前の段階である塾や予備校、そして受験料といった費用もかなり大きな負担になります。 東京都が行っている「受験生チャレンジ支援貸付事業」とは、受験に必要な塾代・・・

このページの先頭へ