「投資哲学」の記事一覧»マネーの達人

「投資哲学」の記事一覧

アセットアロケーション(資産配分)で運用成果の90%は決まらない

「ポートフォリオのリスクの90%はアセットアロケーションで決まる」は本当か? 「アセットアロケーション(資産配分)で運用成果の90%が決まる」という説明を耳にすることがありますが、この表現は適切ではありません。 アクティ・・・

マーケットチェックを習慣化させ株価変動のクセ見抜け! チャートを眺めるだけでも利益獲得のヒントはたくさんある。

基本的に、株価の変動には理由がある 一方で、明確な理由はないけれど、なぜかいつも似たような株価変動をする「アノマリー」と呼ばれる現象もあります。 つまり、株価変動には、業界や銘柄ごとにクセがあるのです。そのクセを知ること・・・

半年で16.56%上昇した配当株15銘柄。大切だけど教えてもらえない投資成功のポイント2つ。

昨年12月投稿の確認 昨年末12月23日に「ゼロ金利時代は「配当利回り」を狙え!私が考える配当株15銘柄を発表します」を投稿しました。 前回の記事は簡単に言うと、このような内容でした。 同時期に始まっている日経高配当株5・・・

【資産形成に役立つ】元本が2倍、3倍、4倍になるまでの年数がわかる「マジックナンバー」を解説します

夏のボーナスが出て、そろそろ使い道を検討している人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、ボーナスで貯蓄や資産運用をしようと思っている方に是非知っておいて頂きたい資産形成に役立つ3つのマジックナンバーをご紹介します。・・・

「女性の方が優れた投資家だ」とロイターが発表 投資に関する能力や傾向を「男女で比較」した興味深いコラムについて筆者が思うこと

「女性の方が優れた投資家だと判明した」という米国の調査結果について 米大手通信会社ロイターが、投資に関する能力や傾向について男女で比較した興味深いコラムを掲載(2017年6月7日配信)していたので読者の皆さんに紹介しよう・・・

「バリュエーション」と「ファンダメンタルズ」は株価の表と裏

株式の本源的な価値を分析することをファンダメンタルズ分析といいます。一方、バリュエーションとは投資家が思う株式の価値の収束点のことです。 本来であればこの2つの価格は一致するはずなのですが、実際の市場では一致することはほ・・・

知らない人が損をする、長期個別株投資の活かし方

有効な資産運用が見つかりにくい時代ですね。資産運用でお困りの方も多いのではないでしょうか。 そんな時代に忘れられている? わざと見ようとしていない? とも言える大変有望な投資先・投資方法があります。 それが、長期個別株投・・・

20代の平均貯金額は「184万」、45.3%が「貯金などない」 30代、40代の気になる平均貯金額は?

突然ですが…貯金はいくらあります? こんにちは。国府勇太です。 先日2017年5月に総務省が発表した「家計調査報告」の内容が物議を醸しています。 それによると日本の皆さんの平均貯蓄高は「1,820万円」だそうです。 「ま・・・

ドルコスト平均法とは? 使わないほうが賢明な場合もあります。

ドルコスト平均法は非効率になる場合がある ドルコスト平均法は、市場が変動を繰り返しているときに資産を積立てる手段として効果があります。 しかし、保有している資産を定期的に取り崩すときにはドルコスト平均法を使うと非効率にな・・・

シンプルな2つの視点で、投資家たちの旬の「いいね!」を見極める。

投資家たちの悩み 「自分が買ったら株価が下がる」 「私が売ったら株価は上がっちゃう」 と嘆く投資家は多いものです。それはなぜでしょうか。 理由は簡単。安く買える品物は価値が安いからで、高く売れる品物は価値が高いからです。・・・

このページの先頭へ