「投資哲学」の記事一覧»マネーの達人

「投資哲学」の記事一覧

「投資はギャンブル」は古い! 「低金利時代」は、何も手を打たないことにもリスクがある。

過去25年間の金利動向 私が社会人として社会に出たのは平成4年。バブルがはじけ、経済が縮小し始めていたころでした。 僕の学生時代 夜の街には眠らないお兄様、お姉様方が高価な服やアクセサリー、バッグなどを身に着けたきらびや・・・

投資初心者がトランプ相場に勝つには、株よりFXを選ぼう

投資初心者がトランプ相場に勝つ方法 こんにちは、日本FX教育機構の野口健幸です。 最近、相場の話題をさらっているトランプ氏。彼の発言で世界が動いていると言っても過言ではないでしょう。 このように、トランプ氏の登場によって・・・

「株で勝つ人」、「株で負ける人」 15年以上の投資経験から導き出した5つの違い

株式投資は運やスピードよりも「努力」、「経験」、「考え方」を重視したほうが運用成績は良くなります。 これは私が15年以上株式投資に関わったことや、多くの読者様の相談を受けながら結論づけたものです。 その中で気づいた投資で・・・

【株投資の基本】結果を出すための5ステップご存知ですか?

昔の本と今の本の違い 書店で売られている投資本には、資産運用対象、運用ノウハウなど多くの分野や投資法が書かれておりますが、最近の本は昔の本と違う傾向があります。 昔の本は情報収集や研究材料といった内容がメインでした。 イ・・・

ゼロ金利時代は「配当利回り」を狙え! 私が考える配当株15銘柄を発表します

金利が見つからない 預金金利が下がってどのくらいたつのだろう。今や0.01%しかない… 個人向け国債も下限の0.05%。社債も納得できる金利のものが見つからない… 今のご時世、金利収入がないとお嘆きの方が多いと思います。・・・

「時間」と「資産」の分散がカギとなる 中長期的な資産運用を行うための重要ポイント

整いつつある投資環境 積立NISA(少額投資非課税制度)が2018年1月から施行されます。これまでのNISAは5年間で年間120万円までの税制優遇措置でした。 積立NISAは金額では年間40万円ですが、期間は20年間にわ・・・

自分には「FX投資」と「株投資」どっちが向いてるの? 「プーチン大統領訪日」と聞いた時のあなたの反応でわかってしまう。

投資を初めてやろうとする人で、「FX」あるいは「株」のどちらにしようか悩む、ということをよく聞きます。もちろん両方の投資を行う方も沢山います。 以前まで投資の入門は「株」という認識でしたが、最近の実体を聞くと、FXか株の・・・

情報「過多」時代の証券会社との付き合い方

情報があふれる時代 今の時代はほとんどの調べ物がインターネットでできるようになりました。 多くの情報がネット上に溢れ、収集した情報をどのように分析し、真偽を判断し、どのように活用するかが重要になっています。 そんな世の中・・・

リスクとリターンと上手に付き合い、利回り3%を実現しよう

1. 年率3%の運用とは 老後の生活維持を目的とした資産形成には、若いうちから毎月3万円を積み立てて年率2〜3%で運用できれば、実現可能というお話をしました。(前回記事) しかし、「可能」という意味は「確実」ということで・・・

大統領も株価も予想は外れたのだから、「予想しない投資法」でいこう

悲観的な予想に反して起こった「トランプノミクス」 ≪画像元:http://dream1218.com/toranp/9239/≫ 45代目のアメリカ大統領を決める投票が、日本時間で11月8日の午後8時から始まり、9日の朝・・・

このページの先頭へ