「シニア」の記事一覧(2 / 69ページ)»マネーの達人

「シニア」の記事一覧(2 / 69ページ)

【相続税対策】贈与税の計算方法と節税になる「生命保険」の利用方法を説明します。

相続税 みなさんご存知のように相続税はどなたか個人がお亡くなりになった時にその方の財産(遺産)が基礎控除額という一定の金額を超えることとなった場合に課税されます。 そのため、多くの方は死亡時に財産が基礎控除額より少なけれ・・・

平成29年5月成立予定の介護保険改正法では「現役世代」と「シニア世代」両方で負担が増える人が出ます

介護保険法改正を巡る審議に関しては、衆院厚生労働委員会で森友問題の質問を行った野党に対抗して、与党が強行採決するという一幕もありました。 5月にも参議院で可決成立しそうな介護保険改正法ですが、65歳未満の現役世代と65歳・・・

あなたの相続する不動産の「本当の名義」は誰? ~先祖名義と共有名義の有無を確認しよう~

そもそも我が家の相続で驚いたこと 曽祖父名義の土地がありました。 公図を取り寄せ 自宅と土地を色塗りしたところ、自宅の真ん中に空白が。父親名義でも祖父名義でもない。 「エッ、他人の土地に住んでいたの?」と慌てて市役所に確・・・

老後資金は「最低限1,500万円」あればいい。の理由を詳しく説明します。

老後資金は「最低限1,500万円」あればいい 以前執筆したこの記事「老後資金は「最低限1,500万円」あればいい」を読んで、 「それでは安心できない」 という疑問を持った方も多かったようなので、今回は、その理由をもっと詳・・・

「自宅での生活が大変…」と、老人ホームへの入所を考えたときに確認するべき項目4つ。

「高齢による身体状況の悪化や認知症の進行により自宅での生活が難しい」 「同居し介護を視野に入れた生活を共にする事ができる家族がいない」 そんなときは誰しもが老人ホームなどの介護施設への入所を検討しなくてはなりません。 そ・・・

「多すぎる香典をいただいてしまった…」こんなときにはどうすればいい?

葬儀に際して、弔問客の方からいただく「香典」。 この香典には相場がありますが、それよりもずっと多くの香典をいただいてしまうこともあります。 このような場合はどうすればよいのでしょうか。 現在の香典返しの基本について 以前・・・

介護用品もDIY! 代用品やリメイクで介護費用を軽減できます。

介護用品はちょっと高い… 介護用品を扱うお店へ行ったり介護用品のカタログを見ていると、介護する側にとってもされ側にとっても便利なもので溢れています。 しかし「介護用品」というだけで、金額は少々高め…。必ずしも全て高い物を・・・

突然の怪我・急病での入院によって介護状態に 「入院中」にしておくと退院後に困らない3つのこと

突然の怪我や急病での入院によって、高齢者の身体の衰えが加速する事は珍しくありません。 骨折をきっかけに、患部がよくなっても筋力の低下によってリハビリをしても歩行が出来なくなってしまったり、入院生活による生活環境の変化によ・・・

在宅介護と施設入所(老人ホーム) それぞれのメリット・デメリットを考えてじっくり検討しましょう

家族が介護状態になったときに、自宅で介護するべきなのか、介護施設に入所するべきなのかという決断をしなければなりません。 介護度からみると今は在宅介護が可能でも、この先介護度が上る事を考えると早目の入所を検討する方もいるで・・・

お葬式の「香典返し」なにを選ぶ?

お葬式の香典返しは、何を選べばいいのか迷うものです。 今回はそれについて見ていきましょう。 通夜~葬儀の当日、弔問客の方にお返しする「香典返し」について ここでお話しする「香典返し」は、通夜~葬儀の当日、受け付けで香典を・・・

このページの先頭へ