「老後・介護」の記事一覧»マネーの達人

【「老後、介護、退職金、遺言、葬儀 等」の詳細テーマ】 贈与 介護 退職金 シニア 老後 葬儀

「老後・介護」の記事一覧

【介護施設での面会】他の利用者に対して気をつけるべき事 病状悪化や命に関わる問題に発展する場合も

介護が必要な高齢者。 介護と一口に言っても様々で、認知症による介護が必要な方も居れば身体的な介護が必要な方も居ます。 職員は利用者それぞれの性格や認知症の症状に合わせ、適切な声かけの仕方で介護にあたっています。 しかし、・・・

介護施設選びで失敗しない! 入所を検討する時に必ず確認すべき「チェック項目」

施設入所を検討し、いざ見学に! ・ 色々話は聞いたけれど肝心な事を聞き忘れたり見忘れて改めて電話で確認しなくてはいけなくなった… ・ しっかり話を聞いたはずなのに、メモが上手く取れずに必要な情報がまとまらない… ・ 入所・・・

働くことを辞めた時から老後が始まる! 老後の不安を解消する秘訣はコレだ

筆者がFPとしてお受けする相談テーマのほぼ全てはお金がらみのことであるが、やはり行き着く先は相談者の老後不安であることが多い。 定年退職して間もない人や50歳代に入り退職後の生活を意識した人ばかりでなく、30歳代〜40歳・・・

【退職金】受け取るなら「一時金」か「年金」どちらが有利? 考慮すべき点とは

Q:勤務していた会社の定年退職に伴い、退職金が支払われますが、私の会社ではその受け取り方法について、まとめて一時金で受け取るか、年金で受け取るか選択が可能です。どちらが有利でしょうか? 解説 1. 一時金で受け取った場合・・・

介護保険の3割負担。「高額介護サービス費制度」等の払い戻しを賢く使い、負担を減らしましょう。

介護保険法など改正法が参院本会議で可決 5月26日、介護保険法など改正法が参院本会議で可決され、現役並みの所得がある人が介護される場合の負担割合を3割に引き上げることが決まり、来年8月から施行されます。 2000年「介護・・・

【介護保険の3割負担】まずは「医療費や介護サービス費の支払いは上限ある、超えた部分は2年以内に請求すると払い戻しされる」を覚えておく。

自己負担の引き上げを盛り込んだ介護保険法の改正案が、2017年5月26日の参院本会議において、自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数で可決され、成立しました。 これにより2018年8月から、介護保険の自己負担は3割に・・・

【介護生活への備え】エンディングノートには何をどんな風に書いてもらえばいいの?

皆さんはエンディングノートと呼ばれる物を御存知でしょうか。 昨日までは元気に出かけていた親がある日突然介護状態になってしまった場合意志の疎通が出来れば幸いですが、認知症や脳に重度の障害が出てしまった場合等は、中々本人の考・・・

民間の「介護保険」選びのポイントは支払要件の違い 大きく3タイプに分かれる特徴を解説

超高齢化社会に突入する日本。公的介護保障だけでは不安に感じる方も多いのではないでしょうか。 民間の介護保険に加入する際は、いざという時に保険が役に立つよう、きちんと支払要件を確認しておくことが大切です。 支払要件は、大き・・・

「在宅介護」は心身的にも費用的にも大きな負担になります 主介護者以外の人にできることとは

近年、施設の空き待ちなどで在宅介護をされる方が増えています。 介護対象者の意志や家族の意志もありますが、在宅介護を決めた家族にとっては心身的にも費用的にも大きな負担となります。 一緒に介護する事だけが協力でしょうか? 主・・・

年金+その他の合計所得金額が夫婦世帯で463万円以上だと「介護保険サービス」の自己負担が3割になる案について

2018年8月から、現役世代並みの所得がある高齢者の介護保険サービス利用に対する自己負担割合が3割に引き上げられる負担見直しの案が出ています。 現在の介護保険サービス利用時の自己負担は1割負担と2割負担の2パターンなのは・・・

このページの先頭へ