「老後・介護」の記事一覧(2 / 40ページ)»マネーの達人

【「老後、介護、退職金、遺言、葬儀 等」の詳細テーマ】 贈与 介護 退職金 シニア 老後 葬儀

「老後・介護」の記事一覧(2 / 40ページ)

【老後生活】一番居心地の良い場所で自分なりの暮らしができる、そんな生活のための介護サービスとは

誰でもが一度は、 自分はどのように歳を取っていくのだろう 自分は介護されるとしたらどこでどのように過ごしたいだろうか と考えたことがあるはずです。 そしていつの間にか介護を必要とする年齢となっているのです。 思い描いたよ・・・

最短1か月で取得、介護との両立可能、介護終了後の就職に有利 「介護職員初任者研修課程」を取得しませんか。

超高齢社会 現在日本は 全体の人口の4人に1人が高齢者 です。 20年後には3人に1人が高齢者という時代が来ると予想されています。 そのため高齢者の生活を支えるための施策を整えることはもちろんのこと、介護に従事する人の需・・・

定年退職後のプラン(リタイアメントプランニング)考えたことありますか? 老後に必要なお金と、もらえるお金

リタイアメントプランニングをしなければ老後資金がいくら必要かわかりません 「リタイアメントプランニング」という言葉を聞いたことはありますか。 定年退職後のプランと聞けばイメージがわく人も多いのではないでしょうか。 定年退・・・

「介護福祉サービス(介護保険サービス)」と「障害福祉サービス」 サービス内容や金銭面での違いを説明します。

介護福祉サービス(介護保険サービス)と障害福祉サービス 身体障害者等18歳以上の障害者や難病患者、障害児を対象とした支援である障害福祉サービスと、基本的に65歳以上の高齢者を対象とした支援である介護福祉サービスがあります・・・

【認知症】2025年には、全国で患者が700万人を超えるとの推計値も 「認知症」と診断された段階ですぐに給付請求できる保険も登場

1. 認知症に関連した保険商品を、保険会社各社が手がけ始めた メットライフ生命は7月から、認知症と診断された時点で一時金を支払う業界初の商品を発売する。 ≪画像元:メットライフ生命≫ 高齢化に伴い認知症患者が増え続け、社・・・

老後資金はいつから貯めればよいの? 老後に減った給与の一部をカバーしてくれる制度もあります

60歳でリタイアし、働かずに年金で悠々自適に暮らすという時代は、“昔の話”になっています。 健康であれば、「働く」ということへの間口は広がっていて、希望や能力によって、いろいろな働き方ができる時代になっています。 老後に・・・

「老後はマンション投資の家賃収入で安泰」を待ち受ける落とし穴

マンション投資の賃料収入で老後は安泰か? 「年金があてにならない中で、マンション投資なら確実な賃料収入が安定的に老後をささえます」 こんな宣伝文句に、心惹かれる方もいるのではないでしょうか。 しかも、 「1,000万円の・・・

【特別養護老人ホーム】いつ入所の順番がくるか…52万人の待機高齢者。どのように入所までを過ごしたらいいのか?

特別養護老人ホーム(以下、特養)は介護老人福祉施設とも呼ばれ、比較的他の介護施設に比べると安価に利用できる老人ホームとして人気があります。 しかしながらその数は多くはないので入所待ちの待機者が2016年時点で52万人いる・・・

【体験記】寝たきりの親と旅行しました 身体障がい者と共に新幹線や飛行機、ホテルを実際に使ってみて思うこと

寝たきりの親と旅行へ 「もう一度あそこに行きたいなぁ」 「冥途の土産に、あの店で食べたいなぁ」 そうだね、お父さん。できるもんなら連れてってあげたいよ。 でもね、飛行機に車椅子で乗っている人を見たことないよ。新幹線で車い・・・

【介護施設選び】担当職員や介護職員の対応の仕方はどこに着目すればいい?

介護施設を利用するにあたって、必ず生じるのは職員と家族とのコミュニケーションの問題です。 介護される側と職員とのコミュニケーションも大切な介護の一つです。 お世話になっているといえ、お金を払っているのですから安全で安心の・・・

このページの先頭へ