「社会保障」の記事一覧»マネーの達人

「社会保障」の記事一覧

わかりやすい年金額の減額は、選挙で負ける。選挙に勝つための言葉にダマされない。

内閣府の有識者会議である「高齢社会対策の基本的在り方等に関する検討会」は、 年金の支給開始を繰下げ(遅くする)すると、年金額が増額する「繰下げ制度」の上限を、現在の70歳から75歳程度まで、延長する案 を発表しました。 ・・・

「塾代」や「受験料」まで支援してもらえる東京都の「受験生チャレンジ支援貸付事業」とは

「進学費用」というと入学金や授業料のことが頭に浮かびますが、それ以前の段階である塾や予備校、そして受験料といった費用もかなり大きな負担になります。 東京都が行っている「受験生チャレンジ支援貸付事業」とは、受験に必要な塾代・・・

個人型確定拠出年金(iDeCo)入門 「投資なんてわからないから無理だわ」と思ったら、まずはこの3ステップを試してください。

個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する際には、商品の情報提供やウェブ・コールセンターの窓口である、運営管理機関選びが重要であると、以前コラムでご紹介させていただきました。 運営管理機関が決まれば、いよいよ、どの商品で・・・

保護中: 「年金の繰り下げ」で損する人、得する人。年金を繰り下げるともらえなくなる「加給年金」も含め解説します。

扶養は大黒柱の状況によっても外れてしまう 3つのケースで解説

扶養の範囲内にいるという場合、「〇万円の壁」という言葉があるように、専業主婦(主夫)側の収入を抑えることに通常対策がされます。 ただ大黒柱の夫(妻)側の状況によっても外れることがありますので、ここもおさえておく必要があり・・・

医療費10万円以上でなくても医療費控除を適用できる可能性があります

平成29年分の所得税から新しい医療費控除の形としてセルフメディケーション税制という制度が創設されました。 この制度を利用すれば医療費1万2,000円から医療費控除が適用できる事となりました。 1. セルフメディケーション・・・

利用する前に知っておかないと損をする、在宅介護に必須の「福祉用具」について。 

在宅介護で必要になる「福祉用具」 要介護、要支援の認定を受けたとしても住み慣れた自宅で、穏やかに自分のペースで過ごしたいものです。 在宅での生活を支えるためのひとつとして、福祉用具を利用するという方法が考えられます。  ・・・

老齢厚生年金の特別支給を受ける権利のある方は年金を受け取れる対象が増え、増やすこともできるようになりました

老齢厚生年金の特別支給を受ける権利のある方は、現在男性は62歳、女性は60歳ですが、平成29年8月1日から新たに年金を受けとれる方が増え、年金額を増やすこともできる様になります。 ・ 平成29年7月31日まで … 老齢年・・・

今後住民税の配当所得の課税方式選択で総合課税はあり得ない

“上場株式等に係る配当所得等について、(中略)所得税と異なる課税方式により個人住民税を課することができることを明確化する。” 上記の内容が平成29年度税制改正大綱に記載されました。 どういう事かというと、従来は所得税で総・・・

「仕事でケガしたら労災が使える」だけじゃない 労働者も企業も知っておくべき「労災保険」とは

仕事でケガしたら労災が使える、医療費も健康保険でなく労災が適用されると公的保険の一種として労災はご存じでしょうが、基本的な性格は企業経営者でも理解しきれていない面があるように思います。 給与からは天引きされず企業側が全額・・・

このページの先頭へ