「社会保障」の記事一覧»マネーの達人

「社会保障」の記事一覧

間違った節税対策をするとお金が減ります それは「お金を減らす節税? 残す節税?」

節税に関心ある人は多いと思います。なぜでしょうか。 納税額を抑えて、お金を残したいからでしょう。 その考えを否定するつもりはありませんが、節税のやり方を間違えると逆効果になりかねません。 そもそも節税とは何か? 節税の基・・・

「還付申告5年間有効」の落とし穴 確定申告したのに住民税では無効になる控除も

確定申告で還付になる場合は、5年さかのぼって申告できます。国税庁の確定申告書等作成コーナーでも、平成24年分の所得税申告までは対応しています(平成29年3月現在)。 還付申告5年間有効の制度もかなり知られてきて、サラリー・・・

公的年金は「長生きリスク」に対する国家レベルの保険です。

「公的年金」について 公的年金では厚生年金保険料や国民年金保険料の支払いをしていますが、公的年金は保険だということを認識していますか? 公的年金制度は国の社会保障ですが、長生きリスク(年齢の高齢化や年金財政)に対応するた・・・

海外旅行中に海外の病院で受けた治療費も「健康保険」から給付が受けられます

ゴールデンウィークもだんだん近づいており、旅行の計画を立てられてる方もたくさんおみえではないでしょうか。 昨年2016年のゴールデンウィークには、約55万人もの方々が海外旅行をされています。 しかし、海外旅行時は、いつも・・・

「坊主丸儲け」は本当か? お寺と税金について

春のお彼岸が過ぎましたが、お寺にお墓参りに行かれた方もいらっしゃると思います。 ところで「坊主丸儲け」という言葉は、かなり古くから使われていますが、現在では税金がとられないというイメージから使われていることが多いようです・・・

障害年金に該当しなくても「障害手当金」という一時金を受け取れる場合があります

厚生年金保険を掛けている方などが、障害を負ってしまい一定の障害等級に該当しない場合でも、「障害手当金」という一時金が受け取ることができる場合があります。 そこで、今回は「障害手当金」についてピックアップしたいと思います。・・・

【確定申告Q&A】期間外でも申告出来る?  株式譲渡の注意点など。

確定申告は、決められた時期にしかできない? 3月15日が過ぎて、確定申告の期限が終了しました。 この確定申告は毎年2月16日から3月15日までの期間に申告し納税することになっています。では、この期間以外では申告はできない・・・

今年からはマイナンバーで紐づく…確定申告終了後のマネー(税・公的保険料)を整理しよう

確定申告が無事終了したところでしょうが、その内容が今後の税・公的保険料においてどのように影響を及ぼしていくのでしょうか? なお、平成28年分の所得を活用するものからは、社会保障・税番号であるマイナンバーで一体管理されます・・・

サラリーマンが退職 「税金・社会保障」で知っておいて損はない5つの知識

年度末に転職して新天地で勤務するサラリーマン、新たに独立する起業家は少なからずいるのではないのでしょうか。 そこで、会社の退職にまつわる税金・社会保障について紹介します。 1. 退職するタイミングで今年の源泉徴収票を会社・・・

社長に対する仮払金の問題点

Q:当社では社長に対する仮払金が多額となっています。社長に対して精算を求めることもできないので、結果的に多額の仮払金が長期間にわたって、決算書上に記載されていますが、この場合、税務上どのような問題があるのでしょうか? 解・・・

このページの先頭へ