「社会保障」の記事一覧»マネーの達人

【「公的手当」の詳細テーマ】 社会保険 雇用保険 障害年金 遺族基礎年金 児童手当 手当

「社会保障」の記事一覧

【読者の質問に回答】子ども1人を育てる費用はどのくらいかかる? 出産育児で「国からもらえるお金」や制度もぜんぶ教えてください

子供を育てるのに1人あたりどのくらいのお金がかかるか ? マネーの達人の読者の方から、 「子供が欲しいがお金の面で心配で妊活に踏み込めない。」 という声がありました。 そんな声が日本全体に多いのか、厚生労働省平成28年の・・・

【事例に学ぶ:年金の誤算】国民年金保険料の未納が原因で、障害年金を受給できなかった方たち

4

障害年金を受給するための要件 障害年金を受給するための要件の一つに、「保険料納付要件」があります。 障害の原因となった傷病の初診日の前日において、次のいずれかに該当することが必要です。 (1) 20歳になったときから初診・・・

制度活用の事例~死別・離婚にまつわる制度のお話(3)

3つのケースで制度活用を考える 死別・離婚にまつわる税制・年金制度・手当を説明してまいりましたが、死別の場合は収入を得るのにどの制度を活用するのか、人によって異なります。 児童扶養手当は、原則は年金との併給は制限されるこ・・・

配偶者手当の「廃止」 労働条件の不利益変更は認められるのか?

与党が出した平成29年度税制改正大綱を見ると、配偶者控除の上限を年収150万円へ引き上げることにあわせ、企業に配偶者手当の廃止まで呼びかけています。 年収103万円のパート主婦・専業主婦を扶養していれば配偶者手当を出す企・・・

寡婦(夫)の受けられる手当・年金~死別・離婚にまつわる制度のお話(2) 

年末調整や確定申告を控えて、寡婦・寡夫控除の説明をしました前回のコラム。 生活を支えてくれる本丸は死亡後・離婚後も定期的な収入を得ることでしょう。大きく分けて手当と年金があり、年金は死別の場合のみもらえます。 なお年金受・・・

「社会保険」は代表取締役1人でも強制加入 会社が加入するメリット4つ

「社会保険に加入しなければなりませんか?」 といった質問を受けます。 一般的に「社会保険」とは「健康保険」と「厚生年金保険」のことをいいます。 「社会保険」は、法人であれば代表取締役1人しかいない場合でも必ず加入しなけれ・・・

【第2弾】社長様、それでもご自分の「給料(役員報酬)」上げますか?

拝啓 貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。 先日の社長様への提案(前回の記事)は何かご参考になりましたでしょうか。 実はその後の二人の経営者には、次のような後日談があるのです。 お時間があれば、一度ご確認してみ・・・

【配偶者控除の改正】 「代表的な壁の基準」と「社会保険加入」はどうするべきかを一般的な年収の夫婦で説明します。

「税制改正大綱」 2016年12月8日に与党は「税制改正大綱」を決定し、2017年1月には通常国会で議論され、3月末の年度内には成立の見通しです。 税制大綱とは 税金の税率や課税の対象をどのように見直すかなど、今後の検討・・・

失業保険の給付日数は年齢によって変わります 賢い失業保険のもらい方を考えよう

失業保険の内容は、雇用保険の被保険者が退職(離職)した年齢により内容や呼び名が変わります。 (1) 65歳未満で退職した場合……「基本手当」 (2) 65歳以上で退職した場合……「高年齢求職者給付金」 ※65歳になる前か・・・

特例廃止で「後期高齢者医療」の保険料も負担増に!

40~64歳の大企業の健康保険組合加入者や公務員の共済組合加入者の介護保険料が段階をおいて引き上げられると最近の新聞に掲載されていました。 なのに、今度は後期高齢者医療の保険料も負担増になると掲載されていました。 後期高・・・

このページの先頭へ