「税金」の記事一覧»マネーの達人

「税金」の記事一覧

【副業・週末起業】所得金額が20万円以下の場合「住民税を申告する」6つのポイント

サラリーマンが副業で起業して、所得金額が20万円以下なら確定申告は不要ですが、住民税の申告は必要です。 では、具体的にどのような手順で行えばよいのでしょうか? 今回は住民税の申告のポイントについて解説します。 1. 副業・・・

誤解も多い「確定申告不要制度」 「住民税申告」だけでもした方がいい理由とは

・ サラリーマンで年末調整対象済みの給与所得以外が20万円以下 ・ 年額400万円以下の公的年金等受給者で、その他の所得が20万円以下 の場合、確定申告不要であることは有名ですが、住民税の申告はすることになります。 確定・・・

医療費控除の「確定申告書」 今年は手書きを卒業して国税庁のHPから作成してみましょう(画面画像付き)

今年は医療費控除が話題ですね。 10万円を超えればサラリーマンは確定申告で所得税が還付されます。問題は確定申告書の作成でしょう。 でも、ご安心ください。国税庁のHPからコンピュータの指示通りに入力すれば、税金の計算を自動・・・

「確定申告をすると税務調査が入る」という噂は本当ですか?

最近、ヤフー知恵袋で医療費控除などの還付申告をすると税務調査が入ることを懸念している書き込みがありました。 「確定申告=税務調査」という思い込みがあることに少々驚いています。 そんな誤解を解くためにこのテーマを記事にしま・・・

プチ起業の「確定申告」でよくある「誤解」ベスト5

確定申告が近づくと、プチ起業と呼ばれる個人事業を始めた女性から税金や社会保険に関するご相談を受ける機会が多くなります。 中には、税制に対する「誤解」から不安を抱えていたり、望む働き方を諦めている方も少なくありません。 そ・・・

専業主婦の「パートとプチ起業」扶養でいられるのはいくらまで? 3つの組み合わせで解説

・ 扶養の範囲内で収めたい ・ まだ事業を始めたばかりでそれほど売上がない ・ パートと起業両方しているけれど、いくらから確定申告するんですか?   専業主婦で夫の扶養に入っているという女性にとって、いくらから確定申告が・・・

【初心者必見】不動産投資の青色申告は「小遣い帳」を付けるだけで大丈夫

会社だけの給料に依存することにリスクを感じているサラリーマンはいると思います。といっても、収入源を増やすのに時間の制約があるのは事実。 そこで、不労所得が頭をよぎります。不労所得の代表格といえば不動産投資でしょう。その不・・・

確定申告しなきゃいけない人、義務は無くともした方が得する人 あなたはどっち?

確定申告ってどんな手続き? 平成29年2月16日(木)から平成28年分の確定申告が始まっています。 確定申告とは前年1月から12月までの総収入から社会保険料などを引いて所得を計算し、所得に税率をかけて所得税を計算し、源泉・・・

「確定申告の無料相談会」で相談員をして気づいた、勘違いされやすい12のポイント

「確定申告の無料相談会」に相談員として参加してきました 今、旬の話題であるので、確定申告の注意点というテーマでコラムを書きます。 毎年、この時期、2月から3月中旬になると確定申告の話題で持ち切りです。 この時期の確定申告・・・

【実話 へそくり列伝】節税でへそくりだ! 奥様にバレても責任はとれません。

へそくり金額の統計データはいろいろありますが、女性に軍配が上がっていることは確かです。ある主婦は 「亭主に内緒で30万円の宝石を買った」 とこっそり告白していました。 男性サラリーマンのへそくり列伝 男性サラリーマンも女・・・

このページの先頭へ