「確定拠出年金」の検索結果一覧(2 / 21ページ)»マネーの達人

「確定拠出年金」の検索結果一覧(2 / 21ページ)

「企業型確定拠出年金」「NISA」「iDeCo」などの制度をMAX活用して老後に備える 【専業主婦(主夫)編】

貯蓄なんてほとんどないし、あってもお金は銀行に預けたまま…という方も多いかと思います。 「実際に自分が本当に困る」ような体験をしないと、人はなかなか行動しないものですが、そろそろ将来のために「殖やす」ことを真剣に考えない・・・

個人型確定拠出年金(iDeCo)への加入は1年待ったほうが良い2つの理由

2017年1月から個人型確定拠出年金の加入対象者が拡大されます。 配当金や売却益のみ非課税となるNISAと違い、個人型および企業型確定拠出年金は掛け金の全額所得控除、運用益の非課税、引き出し時は退職所得控除もしくは公的年・・・

確定拠出年金の「受け取り忘れ」が約57万人分、1,428億円に! 放置すると受給できないばかりか管理手数料を取られ続ける

放置されている「個人別管理資産」が増え続けている 企業年金の一種である、「企業型の確定拠出年金」を実施している会社を退職した場合、転職先が同様の制度を実施していれば、会社が拠出した掛金と、その運用益で構成される「個人別管・・・

【2017年1月から対象者拡大】iDeCo(個人型確定拠出年金)が向いてるのはこんな人! メリット&デメリットも解説

最近よく聞く、iDeCoって何? 最近iDeCo という言葉を良く聞きませんか? iDeCoとは、掛け金(または保険料)を積み立て、本人が原則60歳から70歳までの間に運用結果に応じた年金資産を受け取る私的年金制度で個人・・・

配偶者控除廃止の対策として「個人型の確定拠出年金」を活用しよう

安倍総理は平成26年3月19日に、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議で、専業主婦がいる世帯の所得税を軽減する「配偶者控除」の、縮小や廃止を検討するよう指示しました。 それから総理の諮問機関である政府税制調査会など・・・

「確定拠出年金」は転職や失業した時、どうなるの?

2016年5月24日、確定拠出年金改正法が衆議院本会議で成立、可決しましたので、2017年1月から確定拠出年金制度が改正され、いままで加入できなかった公務員や専業主婦が加入できるようになります。 移管の手続き ポータビリ・・・

【読者質問に回答】確定拠出年金を受給しながら公的年金(老齢年金)を繰下げ請求できるの?

【Q】 確定拠出年金の老齢給付金を60歳~69歳で受給しながら、老齢年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金)を70歳まで繰下げ請求はできますか。 【A】 確定拠出年金はと老齢年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金)は、全く別の年金制・・・

個人型確定拠出年金へ伸ばす手に「待った!」 私が恐れているデメリットはっきり言います

2017年1月より拡充されて、公務員や専業主婦でも加入できるようになった個人型確定拠出型年金制度。その桁違いな節税効果が喧伝され、早くも各証券会社の顧客争奪合戦が始まっています。 「こりゃあもう、やらなきゃ損!」と思って・・・

専業主婦でも退職金 3つの税制優遇がある「確定拠出年金」で老後資金作り 

5月24日に「確定拠出年金法等の一部を改正する法案」が衆議院で可決成立したものの、詳細がなかなか見えてきませんが、今改正最大の目玉は、個人型DC(確定拠出年金)に、“第3号被保険者と公務員等共済加入者も「確定拠出年金」制・・・

「確定拠出年金(DC)」の気になる点を徹底解説 メリット&デメリットから注意点、退職時の扱い、今後の改正点まで

自分年金としての確定拠出年金 老後の支えと言えば、やはり公的年金が柱ですが、現役で働いている世代の方「私の時には年金なんて出るのかな?」と感じたことはありませんか? 退職金代わりや老後の上乗せ年金として企業型確定拠出年金・・・

このページの先頭へ