まだまだ減らせる!「食費」を節約する買い物方法»節約の達人

まだまだ減らせる!「食費」を節約する買い物方法

節約しようと思ったとき、真っ先にとりかかるのが、食費です

家賃や携帯代はすぐには減らせないけど、食費なら今日からすぐ始められますしね。

でも、自分なりに意識してみたけれど、あまりうまくいかない…。そもそもどうすれば効果的に節約できるかわからない。

今回はそんなあなたのために、食費の基本的な節約方法と、さらに減らすコツをご紹介します




食費節約の基本はこの5つ

今まで特に意識せず食費を使っていた人は、次の5つを実行するだけでかなり節約できます。

・ 自炊する
・ 買い物は週1回
・ 1度の買い物の予算を決める
・ 足りない食材があっても買わずになんとかする
・ 月の外食の回数を決めておく

自炊は、節約の基本中の基本。とはいっても、忙しくて毎食作っていられない場合もあるでしょう。

そんなときは、1食まるまる外食に頼るのではなく、家でごはんだけ炊いてください。

そこにスーパーで買ってきた惣菜を足せば、料理する必要もなく、外食するより安く済ませられます。先に1食分の予算を決めておけば、買い過ぎも防げます


買い物を予算内に収める方法

スーパーの半額シールや特売品の誘惑に負け、ついつい買いすぎて予算オーバー。自分で決めた予算が守れないと、一気にやる気がなくなってしまいますよね。

そんな人は、次のことに気をつけてみてください。



聖域を作らない


家族が飲むお酒や、ご褒美のスイーツ、安売り商品のまとめ買い。

ついつい「これぐらいいいよね」と、何も考えずにかごに入れていませんか

買い物に聖域を作ってしまうと、いつまでたっても節約できません。全部の買い物を予算内に収めるようにしてください。

安いものだけ買って、その中で献立を考える


今日はカレーを作りたいから、何が何でもじゃがいもと牛肉を買おう。

献立が頭にあると、牛肉がどんなに高くても買わなければいけない気持ちになります。

スーパーに行くまで献立は決めず、安いもの、予算内で買えるものから献立を考えるようにしましょう

安さで選ぶと品数が増えるので、かえって豪華な食卓になりますよ。

ネットスーパーで買う


スーパーの店内は目移りしやすく、衝動買いもしやすいように商品が置かれています

誘惑に負けてしまう人は、ネットスーパーで買い物するという方法もありますよ。

意外と安いですし、家まで宅配してくれるので時間の節約にもなります。仕事が忙しい人、子供が小さい人にもおすすめです。


さらに節約の上級者になるには



週1回、予算内の買い物を続けるだけでもかなり節約できるはずです。

さらに食費を減らしたいなら、次の方法を試してみてください。

・ 1週間たってもまだ冷蔵庫に食材が余っていたら、使い切るまで買い物に行かない
・ 買い物前に食材の在庫を確認し、重複買いを防ぐ
・ 食事を作り過ぎない
・ 料理が余ったら、食べきるのではなく翌日に回す

私は毎週、どれだけ冷蔵庫のものをきれいに使いきれるか、ゲーム感覚で献立を考えています

最初はどうしても足りない食材を買い足そうとしていましたが、徐々に今あるものでなんとかできるようになりました。


無理のない予算設定で長く続ける

節約を続けるのに大切なのは、ストレスを溜めないことです。無理な我慢はいずれ爆発しますから、最初は余裕のある予算設定で大丈夫

目標は、いきなり食費を減らすことではなく、うまく買い物をコントロールできるようになること。食費の管理が上手になれば、ほかの出費も自然と減らしていけますよ。(執筆者:ヒトミ ・ クバーナ)

この記事を書いた人

ヒトミ ・ クバーナ ヒトミ ・ クバーナ»筆者の記事一覧

1983年、大阪生まれ。20代は劇団で役者をしながらフリーター生活。多い時で月収16万円だったが、海外旅行を夢見て2年で80万円貯める。それをオーストラリア旅行でパーっと使い切ったあと、今度は日本語教師になるための学費60万円を、9か月分割払い。2013年よりメキシコで日本語教師として働く。現在はメキシコから連れて帰ってきた夫と、大阪の1Kマンションで2人暮らし。ガーッと貯めて使い切る生活から、将来を見据えた貯蓄生活に移行中。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ