「お金の心配」がなくなる考え方 はっきりした原因があるなら解決プランまで考えよう»節約の達人

「お金の心配」がなくなる考え方 はっきりした原因があるなら解決プランまで考えよう

毎月毎月、カツカツな生活。特に贅沢しているわけじゃないのに、思うように貯金はできず、給料は上がらない。

なんのために働いているのか、わからなくなっているあなた。

今回は、そんなあなたのために、お金の心配から解放される考え方をお伝えします。


その心配に根拠があるのかどうか考える



お金について、どうしてそんなに心配なのか考えてみましょう。できれば紙に1つずつ書き出していってください。

その不安は、具体的な根拠があることですか。それとも、なんとなくぼんやりとした不安なのでしょうか。

はっきりした原因があるなら解決プランまで考える


もしお金の悩みにはっきりした原因があるなら、どうすれば解決できるか、とことん考えてみましょう。

例えばこんな風に、原因と解決策を並べてみてください。

原因:カードの支払いが毎月多い

解決プラン → 支払いが全部終わるまで、カードを使わない。リボ払いは利子が高いので、先にまとめて返済する。

原因:毎年、税金が高すぎて請求が来るのが怖い

解決プラン → 税金は去年の年収によって決まるので、インターネットで検索し、だいたいの金額をつかむ。そして請求が来る月に向けて準備しておく。

原因:収入が低くて毎月赤字になる

解決プラン → 家計簿をつけて、何にお金を使いすぎているかチェックする。給料を上げるために転職する方法もあり。

原因:職場の経営状態が悪く、リストラされるかもしれない

解決プラン → もしリストラされたら、次の仕事が見つかるまで何か月かかりそうか考える。 今の給料×求職期間の貯金があれば、仕事を辞めても生活できる。

不安は、ほうっておくと大きくなります。悩むよりも先に、実現できそうな解決策を考えて、実行してみてください

ただなんとなくの不安は、考えても仕方がない


誰でも老後のお金のことを考えると、暗い気持ちになります。

年金がもらえるかもわからないですし、その前に病気やケガをするかもしれません。

もしあなたに貯金がなく、将来の自分に対して何もしていないなら、今から行動しましょう。毎月決めた額を貯金したり、収入が増える仕事への転職を考えたり。

そうしたらあとは、悩まずに過ごしてください。どうなるかわからない未来をやみくもに心配しても、いい結果は生まれません。


未来は今日の積み重ね。今できることをしよう


遠くの未来を心配するより、今日できることをやっていきましょう。将来、収入が増えるのか、貯金ができているのかは、今のあなたの行動次第です。

もしひとりで悩んでいるのなら、家族や身近な友人に相談してみてください。特に夫婦間でお金についての考え方が違うと、うまく貯金したり節約したりできません。

あまり考えすぎずに、未来のために前向きに行動してくださいね。

この記事を書いた人

ヒトミ ・ クバーナ ヒトミ ・ クバーナ»筆者の記事一覧

1983年、大阪生まれ。20代は劇団で役者をしながらフリーター生活。多い時で月収16万円だったが、海外旅行を夢見て2年で80万円貯める。それをオーストラリア旅行でパーっと使い切ったあと、今度は日本語教師になるための学費60万円を、9か月分割払い。2013年よりメキシコで日本語教師として働く。現在はメキシコから連れて帰ってきた夫と、大阪の1Kマンションで2人暮らし。ガーッと貯めて使い切る生活から、将来を見据えた貯蓄生活に移行中。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ