冬物すべてクリーニング屋に出さずに自分で洗って衣替えをしよう»節約の達人

冬物すべてクリーニング屋に出さずに自分で洗って衣替えをしよう

ダウンジャケットとコートの自宅クリーニング方法

衣替えの季節になってきました。特に冬から春にかけての衣替えは厚手の生地が多く、クリーニング屋に持って行くだけでも大変です。

さらに、料金はビックリするほど金額になってしまったことがある方も多いのではないでしょうか。

この時期の出費を少しでも抑えるために、クリーニング屋に頼まずに自分でクリーニングをしてみませんか。

きっと皆さんが思っている以上に自分でクリーニングをすることができるので、その方法をご紹介していきます。

ダウンジャケット




まずは、ダウンジャケットです。真冬で大活躍のダウンジャケットですが、自分で洗うことが可能なんです。

とにかく自宅クリーニングは手洗いが基本となります。さらに、ホームクリーニング用の洗剤を使うようにします。

そして、洗う前にしなくてはならないことは、形を整えることです。ファスナーがついていればすべてして、ふんわりと畳んでからはじめます。

また、襟元や首元など重点的に汚れやすいポイントには(特にお子様)、事前に専用洗剤で部分洗いをしておくといいでしょう。歯ブラシなどで軽くたたくようにして汚れを落としましょう。

30℃くらいのぬるま湯に(ダウンジャケットがしっかり浸る量)専用洗剤を必要量入れます。その中に綺麗に形を整えたダウンジャケットを入れます。優しく押すようにして洗っていきます。優しく丁寧にが基本です。

洗いは2.3回、すすぎ2.3回で十分綺麗にすることができます。すすぎの際も優しく押すようにします。

乾かす場合は、バスタオルなどで水分を吸収するようにします。それからハンガーにかけて室内干しをします。

水分がたくさん残ったままでハンガーに通すと型崩れの原因になるので、ある程度乾いてからハンガーを使うようにします。

ただし、レザー・フェイクファー・ウールでできているものは自分で洗うことができません。洗濯表示で確認しましょう。手洗いマークがついていれば確実に洗うことができます。

コート




次はコートです。コートはたくさんの種類がありますが、ほとんど洗うことができます。装飾品やファーなど取り外せる物を取ってからはじめます。

ダウンジャケットの時と基本的には同じ洗い方になりますが、こちらは洗濯機で脱水することができます。

洗う時は30℃のぬるま湯で専用洗剤を使って押し洗いをしますが、回数は増えます。すすぎと合わせて20回ほどするようにします。

洗濯機で脱水する場合はドライモードで1分弱行います。それ以上すると生地を傷めてしまう可能性があるのでやめましょう。

その後バスタオルで水分をさらに取り、室内干しをします。

干す際にお勧めなのは、平干しができる専用のネットです。それを使えば、干している時の型崩れの心配がありません。ある程度乾いてからハンガーで干して形を整えるようにします。

平干しネットがない場合は、いくつかのハンガーを使って平らになるように干せば平干しができますよ。ダウンジャケットの場合ももちろん使えます。


水洗いをしない自宅クリーニング方法


洗濯


自宅で洗うことができない物でも、簡易的にクリーニングをすることは可能です。あまり着ていない物や、ほとんど汚れていない物などに使える方法になります。

その方法は、水洗いをせず埃や汚れだけを取る方法になります。

まずは衣類を裏返しにして日干しを1時間ほどします。その後に衣類を元に戻して30分ほど日干しします。

その後に埃を取るために衣類をたたきます。軽くたたくだけで十分です。そしてポケットの中の汚れも綺麗に取り除き、洋服ブラシを全体にかけるようにします。

気になる汚れがある場合は、ベンジンを霧吹きで直接かけ、ベンジンがしみこむ前にガーゼで拭き取るようにします。ベンジンは引火しやすいので、注意して使うようにしましょう。

そして、ぬるま湯に台所用洗剤を少し入れた中にタオルを入れて、絞ったもので全体を拭いていきます。その後にぬるま湯だけの中に入れたタオルで仕上げ拭きをしていきます。

最後にアイロンのスチームをあてて、1.2時間ほど室内干しをすれば完了になります。

この作業だけで水洗いをしなくても、来年には気持ちよく使うことができるので是非試してみて下さい。


洗濯表示を気にして買い物をしよう

今後、洋服やコートを買う場合は是非洗濯表示を確認してみるようにしましょう。そうすれば、自分でクリーニングを確実にすることができて、クリーニング代を節約することができます。

レザーやフェイクファーがポイントで付いている物も、取り外しができなければ自分で洗うことが難しくなってしまうので、デザインが気に入ったとしても節約したいのであれば買うのを控えることをお勧めします。

また、大きい布団や毛布やこたつ布団などを自分で洗いたいけど、自宅の洗濯機に入らない場合はクリーニング屋に出すとは考えずに、コインランドリーで洗ってみてはいかがでしょうか。

持ち運びは大変ですが、クリーニング屋に持っていくのと何ら変わりはありません。クリーニング代よりも随分安く洗うことができます。

しかし、風呂桶で手洗いするのが1番の節約方法になります。体力と気力がある場合は自分で試してみましょう。

この記事を書いた人

小祝 可奈子 小祝 可奈子»筆者の記事一覧

OLから転職して美容師へ。その後ヘアメイクアップアーティストとしてテレビやブライダルを中心に活動。結婚して2児の母になり、WEBライティング技能検定の資格を取りライターへ。子育てと両立して隙間時間にライティング。やりたいことは何でも挑戦!毎日ハッピーに過ごせるように全力投球。子供が生まれてからは、節約を心がけるように。

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ