貯金上手な人に共通する「4つの習慣」 無理なくお金が貯められている理由があった»節約の達人

貯金上手な人に共通する「4つの習慣」 無理なくお金が貯められている理由があった

あなたのまわりに「趣味は貯金です」という人はいませんか?

私の友人にも、何人かいます。とくに収入が多いわけではないのに、しっかり計画的にお金が貯められる人たち。

実は多くの貯金上手な人には、共通した「習慣」があります。

今回は、貯まる人がみんなやっている、4つの習慣を紹介します!


1. 貯金はかならず先取りにする


貯金上手な人に「どうやって節約してるの?」と聞くと、だいたい返ってくるのが「節約はしてない。先取り貯金してるだけ」という答えです

みんな月末に余ったお金を貯めるのではなく、お給料が入ったらすぐ、決まった額を貯金用の口座に移しているんです。そうすれば安心して、残りのお金を使い切ることができます。

毎月決まった額を自動的に定期預金の口座に移動させる、自動積立を使っている人も多いです。


2. 買う前に家にあるものをチェックする


貯金上手な人は、買い物に行く前、かならず家にあるものをチェックしています。

スーパーに行く前に、冷蔵庫に入っているものを確認する。

服が欲しくなったら、すでに似たようなのを持っていないか、クローゼットを見てみる。

このひと手間だけで、余計な買い物が減らせます。


3. ほしいものはお金が貯まってから買う


お金はないけど欲しいものがあるとき、クレジットカードに頼っていませんか?

カードがあると、なんとなくお金を持っている気になりますよね。

貯金上手な人もカードは持っていますが、使うのは口座にお金があるときだけです。

自分が持っている金額以上の支払いはしないので、カードの請求が来てびっくりする、なんてことはありません


4. 1年の予算をたてる


住民税の請求や家族旅行など、大きい出費でいつも「お金がない!」と焦っているなら、1年単位で予算をたてることをオススメします。

貯金上手な人は、毎月の予算だけでなく、1年の予算もだいたい決めています

数か月先に使う予定のお金を把握することで、「今月は余裕があるけど、来月税金の請求が来るからあまり使わないでおこう」とか、「夏に旅行したいから今から少しずつ貯めていこう」など、計画的にお金を使うことができるのです。

毎月の出費の差が激しい人は、ぜひ1年先までの予算を考えてみてください。


貯まる習慣を身につけて無理なく貯金しよう

貯金上手な人が、いつもやりたいことを我慢して節約しているかというと、そうではありません。

むしろ貯金しやすい習慣を続けることで、無理なくお金が貯められているのです。

あなたもぜひ、毎日の行動を少しだけ変えて、貯金上手になってください。

この記事を書いた人

ヒトミ ・ クバーナ ヒトミ ・ クバーナ»筆者の記事一覧

1983年、大阪生まれ。20代は劇団で役者をしながらフリーター生活。多い時で月収16万円だったが、海外旅行を夢見て2年で80万円貯める。それをオーストラリア旅行でパーっと使い切ったあと、今度は日本語教師になるための学費60万円を、9か月分割払い。2013年よりメキシコで日本語教師として働く。現在はメキシコから連れて帰ってきた夫と、大阪の1Kマンションで2人暮らし。ガーッと貯めて使い切る生活から、将来を見据えた貯蓄生活に移行中。

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ