【500円玉貯金 準備編】500円×20枚=1万円 意外と貯まる。準備は簡単3ステップ。1万貯まったらステップアップ。»節約の達人

【500円玉貯金 準備編】500円×20枚=1万円 意外と貯まる。準備は簡単3ステップ。1万貯まったらステップアップ。

500円玉貯金で「貯蓄体質」へ



貯金箱に入れる硬貨というと、10円玉や1円玉がのイメージがあります。

500円玉は財布に残ってることも少なく、金額も大きいので貯金箱にいれるのは躊躇します。

しかしその500円玉を貯金箱に思い切って入れてしまうことで、効果的に貯めていく方法があります

しかも始めてみると意外に続きやすく、貯金の意識が高まりやすくなり、貯蓄体質へ変身できる可能性も高くなりそうです。

500円玉貯金の効果について見てみましょう。


500円玉貯金を始める3つの準備

1. 手軽な容器で始める

最初から大きな貯金箱を用意しないことです。

2. 始めるタイミング

給与日などできるだけ余裕のある時や、目標から逆算してキリの良い日にスタートします。

3.「呼び水」を用意すること。

貯金を呼び寄せるために、両替機などで5,000円分ほどを両替して、最初に容器に入れてからスタートするのです。


1万円ほど貯まったらステップアップ



さっそく待ちに待った貯金用のケースを購入しましょう。
・ インテリアに合うもの
・ 使いやすい
・ 面白い
など、お気に入りの品を選びましょう。手帳と同じように、心地よい物を選ぶことでワクワク感も高まります。

日常の買い物で、積極的に500円玉を作るよう意識


帰宅後はすぐに財布から貯金箱へ入れることをルールにします。同時に、レシートを財布から出して家計簿に挟んでおくと、家計簿の記入も楽に取りかかれますし、お財布をスッキリさせることができます。

気軽に始められる「500円玉貯金」ですが、手持ちのお金の管理をしやすくなったり、自然と貯める意識が高まってきます


どのくらい貯められるのでしょうか?



このように貯金の循環を作り出してくれる500円玉貯金ですが、どのくらい貯められるのでしょうか?
目標:1か月で1万貯める
「1か月で1万円」を目標とした場合、1週間で500円玉5枚を貯めることになります。

週のお買い物の回数を考えると、クリアできそうな枚数です。冬休みのレジャーまでにあと3か月なら、3万円の可能性が生まれますね。

貯まった時や両替する時は、金融機関の窓口で口座に入金をして、あとでATMで引き出す方法が便利です。

コツコツ続ける500円玉貯金。20枚で1万円になります。意外に大きな貯金の可能性が出てきますね。(執筆者:山口 葵子)

この記事を書いた人

山口 葵子 山口 葵子»筆者の記事一覧

40代前半女性です。金融機関から損害保険会社に転職後、転居のため専業主婦に。現在はライターとして貯蓄・教育に関する記事を執筆しています。趣味は、子どものサッカー応援や、家事の合間の細切れ読書。学習面では、苦手分野のまとめプリントを手作りしています。地図帳、ガイドブックも学習につながるようです。家計管理について、少しでもお役に立つ情報をお伝えできたらと考えています。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ