仮想通貨入門者必読 ビットコイン入門書3選»節約の達人

仮想通貨入門者必読 ビットコイン入門書3選

ビットコインについてどれくらい知ってますか?


皆さんは仮想通貨、またはビットコインについてどれほどの知識をお持ちですか?

昨今、様々な場面で話題となっている仮想通貨ですが、やはりまだ取り付きにくかったり、距離を置いてしまったりとなかなか手が出せない人も多いかと思います。

しかし、実は優良な仮想通貨の解説書はたくさん出回っており、それらを読むことで今まで全く金融への知識がなかった人でも容易に理解することができます。

今回紹介する3つの入門書を読むことで、仮想通貨へのイメージをガラッと変えて、皆さんもぜひビットコインなどを手に入れてみましょう。


ビットコイン入門書3選

「1時間でわかるビットコイン入門 ~1円から送る・使う・投資する~」(小田玄紀 著)




まず紹介するのはこちらの本です。

ビットコイン・仮想通貨への第一歩はこの本から入ることをオススメします。
今までビットコインのことは気になっていたけどなかなか足を踏み出せなかった人ももちろんですが、そもそも「仮想通貨って何?」と言ったスタートラインに立つ前の人でも理解できるような易しい本です。

気になっていたこと・これからも疑問に思うだろうことを先回りして解説してくれるので、バイブルとして保存しておくのもいいでしょう。


「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」(大塚 雄介 著)。




ビットコインの国内最大の取引所である「coincheck」のCEOである大塚氏自らが書いたビットコイン・ブロックチェーンに関する解説本です。

そもそもビットコインとはどのような仕組みで動いているのか? ブロックチェーンとは一体なんなのか? と言った初歩的な疑問に実際にビットコイン業界の第一線で活躍している張本人が答えると言った内容です。

「はじめてのビットコイン」(ビットコイン研究所 著, 佐々木健二 監修)




一時は世界的に不安視されたビットコインがなぜ滅ぶことなくここまで拡大したのか、果たして安全な通貨なのか。と言った切り口から仮想通貨・ビットコインの本質について解説してくれる本です。

ビットコインについてまだすこし懐疑的な人や、まずはビットコインの歴史や本質に触れてみたいという方にオススメです。

今回紹介する本の中ではもっとも古く、ビットコイン入門書の先駆け的な本です。


まずは実際に本を読んでみましょう


すでに一部の店舗ではビットコインでの支払いが可能になるまでその勢力を拡大させてきたビットコイン。

まだまだ手をつけるには怖い、そう思っていらっしゃる方も今回紹介した本をまずは手にとってみて、ビットコイン・仮想通貨の世界へ足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。(執筆者:早川 雄大)

この記事を書いた人

早川 雄大 早川 雄大»筆者の記事一覧

都内の大学に通いながら写真家・映像作家として活動。自身の実体験から得た知識や経験をもとに読者目線の記事を執筆することがモットーです。特に若者向けの節約術や貯金ノウハウが得意です。

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおすすめの記事

あなたの役に立つ記事、見つけます

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ