眞子さまも愛読!? 話題の倹約レシピ本とは»節約の達人

眞子さまも愛読!? 話題の倹約レシピ本とは

話題の倹約レシピ本をご存知ですか?


みなさんは普段の食費にどれだけのお金をかけていますか?

少しでも美味しいものを食べたいけれど、食費はなるべく節約して他のことに使いたい。と考えている方もたくさんいると思います。

そんな時に役に立つのが「倹約レシピ」ですよね。クックパッドなど様々なレシピサイトで安くて美味しい料理の作り方をいつでも手に入れることができるようになりました。

しかし今とある方が購入したことで一気に注目を集めている「倹約レシピ本」があるのをご存知でしょうか?

今回はその話題沸騰中の「倹約レシピ本」を紹介したいと思います。


話題の本の気になるタイトルは?

この話題沸騰中の本とはイラストレーターの奥田けいさんの初の著書である「月たった2万円のふたりごはん」(幻冬社)です。





1日わずか333円で2人分のごはんが作れるレシピが60載っているというこの本。

安い食材で美味しく、料理が苦手な人でも簡単に作れるレシピがたくさん載っている他、料理に関する節約術もたくさん掲載されていて、1冊あれば十分献立に困りません

例えば

・「おつまみ何かない?」と言われたときの「ちくわのからしマヨ和え」
・あんかけ好きな男の人のための「ツナと白菜のあんかけ」
(「月たった2万円のふたりごはん」より)

など男の人の胃袋を掴むに最適な倹約レシピが多数紹介されています

そして、この本のもう一つの特徴は著者でイラストレーターの奥田さんの可愛いイラストです。

インスタグラムでも人気の奥田さんのイラストは心温まるゆるさが特徴で、この本の中でも写真は使われず奥田さんのイラストで構成されています。


この本を買った人とは?

その本を購入された「とある方」とは、秋篠宮眞子さまとご婚約された小室圭さんなのです。

9月3日の婚約内定記者会見の翌日、小室さんが近くの書店で購入し、そのことが話題になるとアマゾンや楽天などの通販サイトでは即完売となり、出版元の幻冬社には問い合わせの電話が鳴り止まなかったそうです。

初版が7000部でありながらすぐに5万部の増版を決定。レシピ本では異例のベストセラーとなっています。

もしかしたら眞子さまもこの本を見ながら料理を作られているかもしれませんね!


まとめ

世の中には無限に倹約レシピがありますが、たまにはイラストなどを楽しみつつ倹約レシピの情報や料理に関する節約ノウハウが身につく「月たった2万円のふたりごはん」のようなレシピ本も読んでみると節約の幅や、料理の幅が広がりまいにちに生活が豊かになると思います。

もちろん小室圭さんが買われたことで話題にはなりましたが、他のレシピ本に引けを取らない充実度なので、献立に悩む奥様や彼女へのプレゼントにも最適かもしれないですね。(執筆者:早川 雄大)

この記事を書いた人

早川 雄大 早川 雄大»筆者の記事一覧

都内の大学に通いながら写真家・映像作家として活動。自身の実体験から得た知識や経験をもとに読者目線の記事を執筆することがモットーです。特に若者向けの節約術や貯金ノウハウが得意です。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ