「ふるさと納税」タグの記事一覧»マネーの達人

「ふるさと納税」タグの記事一覧

ふるさと納税で総務省は大損、返礼品規制に必死な本当のワケとは?

「地方の特産物が実質2千円で購入できる」 これがふるさと納税の醍醐味でしたが、総務省の返礼品規制によってその魅力がかき消されようとしています。 確かに返礼品目当てのふるさと納税は「地域を良くしたいために寄付をする」という・・・

「ふるさと納税」の落とし穴 ワンストップ特例で損しないように注意したい2つのポイント

ふるさと納税で、損しないように注意したい点について 「ふるさと納税」規制が進んだからこそ、損しないように注意したい3つのポイントでふれてきました。 平成27年から導入された「ワンストップ特例制度」は、確定申告したくない会・・・

【ふるさと納税】規制が進んだからこそ、損しないように注意したい3つのポイント

総務省が、返礼品を寄付金の3割を目安にする規制(いわゆる返礼品規制)を自治体に強く要請するようになりました。 ふるさと納税の趣旨に立ち返ることには私は賛成ですが、返礼品を歓迎している方は魅力のなくなってきそうな動きに見え・・・

【ふるさと納税】まだまだお得な「1万円」でボリュームたっぷり「おいしい」返礼品5選

「ふるさと納税は前ほどお得じゃなくなった」と思っている方、いらっしゃいませんか? 確かに総務省は、寄付額に対して過剰に割安な返礼品が出始めたことに危機感を持ち、4月に「返礼割合は寄付額の3割以下にするように」という通知を・・・

まだあります! ふるさと納税の「返礼率3割以上」の自治体。欲しいものを見つけたら早目に申し込みましょう。

まだまだあります。お得な「ふるさと納税」 2017年4月1日、総務省は「ふるさと納税」の返礼品の価格について、寄付された金額の3割以下に抑えるようにと全国の自治体に通知しました。 この通知に強制力はないものの、明らかに3・・・

「所得税を節税すれば保育料は安くなる」とは限らない 注意すべき2つのこととは

認可保育園の保育料は、市町村民税(住民税)額に連動して計算されます。 さらに住民税の額は、年末調整や確定申告の結果(所得税額)に左右されます。 それでは、三段論法式に所得税の節税策を取れば保育料の引き下げになるかと言えば・・・

ふるさと納税

「ふるさと納税」の厳選記事 「ふるさと納税」の落とし穴 ワンストップ特例で損しないように注意したい2つのポイント 【ふるさと納税】規制が進んだからこそ、損しないように注意したい3つのポイント 【ふるさと納税】まだまだお得・・・

「還付申告5年間有効」の落とし穴 確定申告したのに住民税では無効になる控除も

確定申告で還付になる場合は、5年さかのぼって申告できます。国税庁の確定申告書等作成コーナーでも、平成24年分の所得税申告までは対応しています(平成29年3月現在)。 還付申告5年間有効の制度もかなり知られてきて、サラリー・・・

【ふるさと納税の注意点】もらったお礼の品は「一時所得」になり課税される場合があります。

わずか2,000円の自己負担で様々なお礼の品が受け取れるとして大人気のふるさと納税。 この制度を上手に活用している方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 ただこの制度には注意しなければならない点もあります。ふるさ・・・

【ふるさと納税】自己負担額2,000円で、おいしい特産品がもらえると妄想してニヤニヤする私。

なんだかんだで注目の「ふるさと納税」 平成20年の税制改正により導入された「ふるさと納税」。 当初はマイナーな制度でしたが、最近では周知が進み、私の税務顧問先様でも利用されている方が随分と増えました。 最近では自治体同士・・・

このページの先頭へ