「保険料」タグの記事一覧»マネーの達人

「保険料」タグの記事一覧

元損保社員が教える自動車保険の節約術 実際の保険料で比較しながらご紹介します

具体的にどのくらい安くなるのか検証します 段々と秋めいてきてドライブが楽しい季節になりましたね。 今回は、車には必要不可欠の、自動車保険の保険料の節約法をご紹介します。 自動車保険の保険料節約方法はインターネットに多くの・・・

【実例:月7万の生活費】公的年金だけでは生活できない。老後のシミュレーションは今からしましょう。

はじめに お盆休みも過ぎ、9月に入ったら急に涼しくなってきました。休暇を利用して田舎へ帰省された方も多いのではないでしょうか。 私も母と一緒にお墓参りをし、田舎で休暇を過ごしてきました。 年金を受給している母ですが、今で・・・

終身保険は本当にもう使えない? よく聞く「終身保険」VS.「定期保険 + 投資信託」を検証してみました

現在、終身保険には不利な時代 昨今のマイナス金利の影響を受けて、「貯蓄タイプの終身保険」の予定利率は下がり、保険料は値上がりする一方。 2017年4月にさらに保険料が上がり、以前からあった「保険は掛け捨ての定期保険がいい・・・

退職後に選択できる健康保険制度は3つある。しっかりと比較して自分にメリットがあるものを選択しましょう。

会社を退職した後、次の勤務先が見つかるまで健康保険制度はどうしていますか? 会社の退職後の一定期間であれば、健康保険制度を選択できます。 どの制度が自分にとってメリットがあるかをしっかり判断されてから退職後の健康保険制度・・・

【読者の質問に回答】国民年金基金とiDeCo(イデコ)はどっちをやった方がいいの?

読者の質問 国民年金基金とiDeCoはどっちをやった方がいいの? 私の回答 iDeCoの掛金は収入などに合わせて、柔軟に変更できるのですが、国民年金基金の掛金はそれが難しいのです。 また国民年金基金は加入時に適用された予・・・

【2018年春から】10年に一度の料率改定で保険料はどう変わる? 「死亡保険」と「生存保険」

来春の「標準生命表」改定により生命保険の保険料はどうなるのか? 生命保険商品の保険料は、10年ごとに改定される「標準生命表」に基づき決定される。      2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳・・・

「保険加入」はやっぱり1歳でも若いほうがおトク? いえ、例外もあるんです。比較してみました。

答えは正解で不正解 生命保険営業の人から一度は聞いたことのあるセリフ、 「お誕生日までに保険に入っておいたほうがトクですよ」 確かに年齢が1歳上がると保険料が少し上がるので、誕生日前に契約したほうがいいかな、と思い契約さ・・・

昔入ったその保険、「お宝保険」の場合もあるんです 損をしない「保険の見直し」をするために気をつけたいこと 

ズバリ、一番大切なこと 結婚をした、子供ができた、保険料を抑えたい、等々で保険の見直しを考えた場合に気をつけたいことは何だと思われますか? まず一番大切なことは、自分の現在の保障内容をきちんと把握することです。 保険は用・・・

ガラパゴス化する「学資保険」にダマされるな! 自分で返戻率を上げるチョイ技3つも伝授

学資保険。それは大切な子どもの教育資金を準備するための保険商品です。 その学資保険が、低金利などのあおりを受けて、ガラパゴス諸島もびっくりなほどに進化(?)していることはご存知でしょうか? 一筋縄には比較できない、学資保・・・

新入社員の皆さん、「ボーナス!」は額面通りはもらえず、実際の手取りは7~8割です。ボーナス(賞与)にかかる保険料や税金について。

はじめに 梅雨時期は気候の変化に体調がすぐれないかたも多いのではないでしょうか。そんなお天気でも嬉しいこと、ありますね! そうです、6月~7月は夏のボーナスが支給される時期です。 新入社員にとっては初ボーナス! 旅行に、・・・

このページの先頭へ