「医療費」タグの記事一覧»マネーの達人

「医療費」タグの記事一覧

実質無償化の地域もある「子ども医療費」 この先続いていくのか?

少子高齢化が進む中で人口増加につなげようと、各自治体は子どもに対する医療費助成を充実させてきましたし、国も後押ししてきました。 幼児教育無償化の動きもあり、この先続いていくようにも見えますが、批判もあるため楽観視はできな・・・

年金制度よりも「医療制度」の方が深刻 医師の半数が「国民皆保険」を維持できないとの考えを持っている現状とは

現状の皆保険制度に基づく医療は今後も持続可能なのか すべての国民が等しく医療を受けることができる国民皆保険制度について、医師の半数が維持できないと考えているそうです。 医師向け情報サイトであるメドピアと日本経済新聞が全国・・・

【高額療養費制度の給付金】入院日が違うだけで4万3,500円の差がでることも! 入院するなら月初がおススメ。

1. 高額療養費制度 誰もが健康でありたいとは思っていますが、長い人生の中では入院が必要になることもあり得ます。 急性の疾患ですぐに入院が必要な場合は別ですが病状によっては数週間から1か月程度の範囲で入院日を選べる場合も・・・

医療費10万円以上でなくても医療費控除を適用できる可能性があります

平成29年分の所得税から新しい医療費控除の形としてセルフメディケーション税制という制度が創設されました。 この制度を利用すれば医療費1万2,000円から医療費控除が適用できる事となりました。 1. セルフメディケーション・・・

「高額療養費」の払い戻しは概ね3か月以上かかる 医療費が高額になりそうなときは「限度額適用認定証」を活用しよう

医療機関等の窓口で医療費のお支払いが高額な負担となった場合は、「高額療養費制度」があります。 「高額療養費制度」は、後から申請いただくことにより自己負担限度額を超えた額が払い戻されます。 しかし、後から医療費が払い戻され・・・

会社を辞める前に知っておきたい「健康保険料の軽減措置」と「高額療養費制度」の盲点

会社を辞めるタイミング 7月・8月はボーナス月ですね。会社を辞めるタイミングで多いとされているのが、ボーナスをもらってからの退職だそうです。 次の就職が決まっているなら心配はないのですが、再就職を決めずに仕事を辞めるとき・・・

セルフメディケーション税制を簡単に教えて。

Q:「今年からセルフメディケーション税制が始まり、確定申告時の添付書類も簡素化されたと聞きましたが、これはどういうことでしょうか?」 解説 医療費控除またはセルフメディケーション税制の適用を受けるものは、医療費や医薬品購・・・

いざという時、どのくらい治療費の自己負担をするの? あなたの「高額療養費制度」における所得金額と区分を知っておこう

私ごとですが、昨年9月に左片側顔面痙攣で、根治術である微小血管減圧術という手術を受けました。入院は、事前検査を含めて、15日間。 2、3か月の生活費と民間の医療保険は、事前に準備していたものの、どれくらい治療費の負担があ・・・

え? あの「医療費」も認められるの? 税務署に医療費控除が認められる意外なケース6つ

平成29年からセルフメディケーション税制が導入されて、医療費控除は旬な話題ですね。 そこで、一般的に「医療費控除の対象にならない」と思われているものが、実は対象にすることができる医療費を取り上げることにしました。 1. ・・・

【2025年問題】社会保障費がパンク寸前 民間介護保険も視野に

「2025年問題」について 皆さんは「2025年問題」って聞いたことがありますか? 日本は諸外国に比べて例を見ないほどの超スピードで高齢化が進行しております。 いわゆる団塊の世代(1947年から1949年に生まれた方)が・・・

このページの先頭へ