「定年」タグの記事一覧»マネーの達人

「定年」タグの記事一覧

年金の受給開始年齢は今後どうなるの? 最近の動向や各国の現状から考えてみましょう

老後の生活や医療等に必要となる金員の原資は、退職金・年金・投資などが挙げられると思います。 現在、原則として国民年金は65歳から、厚生年金は生年月日に応じて60歳以降から年金を受け取ることが可能となっています。 他方、「・・・

【読者の質問に回答】iDeCo(個人型確定拠出年金)は、定年に近くてもメリットがあるの?

iDeCo(個人型確定拠出年金)について、マネーの達人、読者の方から質問をいただきました。 「iDeCo(個人型確定拠出年金)は、定年に近くてもメリットがあるのか。」 iDeCo(個人型確定拠出年金)に定年間近に入ったと・・・

新入社員の皆さんへ贈る「資産運用、はじめの一歩」

新入社員の皆さん、この度、晴れて新社会人になられたことを心よりお喜び申し上げます。 ここ数年間は、アベノミクス効果のおかげ? かどうかはさておき、堅調な企業業績と人手不足を背景に就職事情は改善しており、学生さん側にとって・・・

これからの人生の資金計画を一緒に考えてみましょう

会社の平均寿命 終身雇用制というものが崩れているだけではありません。会社の10年生存率10%というのは、税理士さんからも聞きます。 そして、会社の平均寿命が20余年(※東京商工リサーチ調べ)というのもあり、会社に入社した・・・

人生の完成予想図「ワンダフルライフ」 自分の将来をイメージできてますか?

マイホームの購入やファイナンシャル・プランニングのご相談をいただいたときには最初に 「ご自身のワンダフルライフを思い描いてください。」 とお話しします。 「ワンダフルライフ」とは 自分と家族が将来も「安心して、楽しく、自・・・

日本人の約4割は老後資金の「準備不足」で定年後も働き続けることに

60歳の定年後に1年の有期雇用契約で、同じ会社に嘱託社員として再雇用された3人の男性が、 定年前と同じ仕事をしているのに、賃金を下げられたのは納得できない と、東京地裁に提訴しました。この判決は平成28年5月13日に出さ・・・

「社会保険に加入する年齢の上限」から考える60歳以降のお得な働き方

生涯現役社会へ向けて 定年後も同じ会社に、嘱託社員として再雇用された3人の男性が、定年前と同じ仕事をしているのに、賃金が下げられてしまうのは、労働契約法に違反していると争った裁判の判決が、平成28年5月13日に東京地裁か・・・

雇用保険が65歳以上にも適用された後のお得な働き方とは

先日Yahoo!ニュースを読んでいたら、厚生労働省が雇用保険を65歳以上の方にも適用する案を、厚生労働大臣の諮問機関である労働政策審議会に、提示したと記載されておりました。 これは安倍総理が掲げる、「1億総活躍社会」を実・・・

定年退職後はフリーランスになってストレスフリーで稼ぐ

セカンドライフの方向性はすでにお決まりですか? 定年退職後、仕事をしなくても年金や貯金で生きていける人もいらっしゃるようですが、多くの方は少なくとも年金給付が始まる65歳までは何かしか仕事をすることを希望しています。 定・・・

ライフスタイルに合わせて選びたい、65歳前後の退職と失業保険

総務省が行う労働力調査によると、60歳台後半のうち働く人は、2014年度は男女合計374万人になり、2013年度よりも10%増えました。これは60歳台後半の40.7%にあたり、5人に2人が働いている計算になります。   ・・・

このページの先頭へ