「年金の繰り上げ、繰り下げ」タグの記事一覧»マネーの達人

「年金の繰り上げ、繰り下げ」タグの記事一覧

年金を早く受給できる「繰上げ支給」のメリットとデメリット

国民年金の老齢基礎年金には、65歳前からの受給できる「繰上げ支給」の制度と、65歳より後ろ倒しして受給できる「繰下げ支給」の制度があります。それぞれのメリット、デメリットを理解しておかないと損をしてしまうことになります。・・・

年金の受給開始時期は自分で決められる 「繰り上げ・繰り下げ」それぞれのポイント

国民年金や厚生年金(退職共済も含む)などの公的年金の受給開始時期は、現在、54歳の男性および49歳の女性から65歳以降になります。 つまり、昭和36年4月2日生まれ以降の男性(女性の場合は5年遅れ)からは60歳から65歳・・・

65歳前に支給される「特別支給の老齢厚生年金」を受給していますか?

年金は、法律改正が幾度も繰り返され複雑な制度になっています。ほとんどの方が受給できる「老齢厚生年金」の中でも、一定の方が受給できる65歳前に支給される「老齢厚生年金」にスポットを当ててみたいと思います。 「老齢厚生年金」・・・

年金の「繰り下げ受給」と「繰り上げ受給」、お得なのはどっち?

年金未納問題や基礎年金番号流出など、年金にまつわる問題が続いています。厚生年金基金の解散からも分かるように、高齢化の影響もあり、社会保険に費やす財源は依然として危機的状況です。 そんな中、「将来、安定した年金がもらえるの・・・

【年金の誤解】厚生年金の受給も、65歳まで待たなければ損をする?

「年金は、65歳になる前に受給すると損をする」といって、特別支給の老齢厚生年金(65歳前に受給できる厚生年金)の請求を遅らせる人が少なくありません。 老齢基礎年金(国民年金)の繰上げ受給と混同しているケースもありますが、・・・

年金の繰下げ受給、何歳ぐらいで元が取れるの?

老齢年金は原則65歳から受け取ることができます。 但し、皆さんもご存じのとおり年金の「繰下げ受給」といって66歳以降から70歳までの間で申し出た時から年金を受け取ることができ、65歳に達した月から繰下げ受給を申し出た月の・・・

公的年金の受給額は実質目減り… 受取額を増やす対策とは

平成27年度の年金受取額は増額 年金受給者の受取額が6月(4・5月分)から増えます。物価・賃金の変動に応じて、受取額は年度ごとに改定されます。平成11年度をピークに、徐々に下がり続けてきた受取額が、やっと増額に転じました・・・

「年金繰り上げ」でどのくらい年金額が減るの? 注意点は何?

 年々、減っていっている年金額、「どうにかしてよ」と思っている人も少なくないでしょう。ただ、現在年金を受給している人は、まだ恵まれています。 現在は、年金65歳支給移行期間  年金が65歳支給になったことは、ずいぶん前か・・・

「年金の繰り上げ、繰り下げ」ってどっちがお得なの? 実際に検証してみました

 年金の繰り上げ、繰り下げという制度をご存知でしょうか? その名の通り、将来年金をもらう時期を早めたり、遅らしたりする制度のことをいいます。ざっくりこの制度のことを説明しますと、繰上げ支給の年金は受給する時期を早めるかわ・・・

このページの先頭へ