「控除」タグの記事一覧»マネーの達人

「控除」タグの記事一覧

【副業・週末起業】所得金額が20万円以下の場合に「住民税を申告する」6つのポイント

サラリーマンが副業で起業して、所得金額が20万円以下なら確定申告は不要ですが、住民税の申告は必要です。 では、具体的にどのような手順で行えばよいのでしょうか? 今回は住民税の申告のポイントについて解説します。 1. 副業・・・

【社会保険料控除】「天引き」と「自分で納付」が混在する場合、損しないように注意! 3つのケースで説明します。

社会保険料控除の要件にあてはまる保険料は、本人納付の他に天引きになるケースも数多くあります。 天引きの場合は、給与や年金の源泉徴収票に記載されるのでわかりやすいのですが、両者が混在すると本人納付のほうが漏れやすくなるので・・・

【確定申告・年末調整】「生命保険料控除」の記入の仕方を解説 書類を用意してレッツトライ!

確定申告・年末調整のときに生命保険料控除の記入の仕方で迷うことはありませんか。 安心して下さい。 記入の仕方で迷うのは貴方だけではありません。確定申告と年末調整に必要な生命保険料控除の記入の仕方を解説します。 生命保険料・・・

自宅をバリアフリーに改修して所得税の控除を受ける 「バリアフリー改修促進税制」の適用条件と注意点

高齢化社会は周知の通りです。高齢者の数に比例して、在宅の身体障害者が増えています。 厚生労働省『身体障害児・者実態調査』では昭和45年で140万8,000人だった身体障害者は平成18年には357万6,000人と約2.5倍・・・

「なんで年末調整や確定申告をしたほうがいいの?」 確かに面倒ですが「したほうがいい理由」をお話します。

年末調整や確定申告は、なんだかよくわからないし、面倒くさい、と感じている人が多いようです。筆者も「かなり面倒だと思っている派」なので気持ちはよーくわかります。 ですが、申告をするメリットを考えると使わない手はありません。・・・

【ふるさと納税】今年はもう後悔したくない! 年間スケジュールでお得なものを狙い撃ち

ふるさと納税の段取り方法 自分が住む自治体以外に寄付をすると、実質2,000円でお礼の品がもらえる「ふるさと納税」。 制度が始まってから数年経ち、お得なマネー術としてすっかり定番化してきました。 12月31日までに寄付し・・・

年末調整と確定申告の盲点 寡婦(夫)控除~死別・離婚にまつわる制度のお話(1)

年末調整や確定申告で利用できる所得控除で、使えるにも関わらず意外と使われていないのが、寡婦・寡夫控除です。 言葉が難しくて何のことやら…という意識がそうさせてしまうのでしょうが、 ・ 生活に苦しむシングルマザー・シングル・・・

年末調整で見落としがちな「障害者控除」 対象は「障害者手帳」を持ってる人だけではないので、確認してみよう。

所得税を算出していく際には様々な控除があります。 会社勤めの方は年末調整のための書類を会社に提出し、会社の方で今年の所得税がいくらになるのか改めて計算している時期でしょう。 今回はその所得税の控除の中でも、見落としがちな・・・

「20万円ルール(会社員の20万円以下の副業は確定申告不要)」の注意点とマイナンバーとの関係

「会社員の20万円以下の副業は確定申告不要」というルール(以下、「20万円ルール」と言います)をご存知の方も多いのではないでしょうか。 このルールには注意すべき点がいくつかあります。マイナンバーとの関係も含め、詳しく見て・・・

あの費用は「医療費控除」で認められる? その疑問に〇×でハッキリ答えてスッキリさせます

今年ももう11月半ばを過ぎました。あと1か月半で平成28年が終わります。会社員の方は年末調整の季節です。所得税が還付されるのを心待ちにしている人もいるのではないでしょうか? 医療費控除にいくまえに、「年末調整」と「確定申・・・

このページの先頭へ