「未納」タグの記事一覧»マネーの達人

「未納」タグの記事一覧

FP事務所「ハム勝王子」 FP2級と3級の社員の力を試す所長。「年金支給10年に短縮」について説明してみなっ!

ここは北海道にあるFP事務所「ハム勝王子」 所長:九利山ハムキ 開業15年 60歳「FP1級」 部下2:斎都宇カルキ 入社10年 32歳「FP3級」 部下1:大田似コイ 入社1年 33歳「FP2級」 所長:コイは前の会社・・・

【専業主婦(主夫)の皆様へ】年金の切り替え忘れで発生する「未納期間」と納付期限に注意

ご存知のように日本国内に住む20歳から60歳までのすべての人が国民年金に加入します。 会社員などの第2号被保険者に扶養される配偶者は第3号被保険者となります。 会社員の夫が脱サラして自営業者になったような場合 この第3号・・・

【事例に学ぶ:年金の誤算】国民年金保険料の未納が原因で、障害年金を受給できなかった方たち

障害年金を受給するための要件 障害年金を受給するための要件の一つに、「保険料納付要件」があります。 障害の原因となった傷病の初診日の前日において、次のいずれかに該当することが必要です。 (1) 20歳になったときから初診・・・

NHK受信料より恐ろしい「年金保険料の強制徴収」が強化されている。

TV付き賃貸物件の入居者や携帯電話所有者に関する契約義務を巡って、NHK側が相次いで地裁の裁判で敗訴しています。 NHKの主張する契約義務に関しては、法的根拠が疑わしいと思われる報道が最近相次いでおり、特に前者のTV付き・・・

7月は過去2年以内に未納した国民年金を「免除申請」するのにいい時期です。

原則65歳から老齢基礎年金と、その上乗せとなる老齢厚生年金を受給するには、国民年金や厚生年金保険の保険料を納付した期間、保険料の納付の免除を受けた期間などを併せて、原則25年以上必要になります。 この原則25年は「受給資・・・

逃げてはダメ 会社を辞めるなら「国保」と「国民年金」の免除制度を知っておこう

転職したい、独立したい、しばらくゆっくり休みたい……。 会社を退職することは、決して珍しいことではありません。それでも、会社を辞めるのは勇気がいることですよね。 ただ、退職してすぐに次の会社に入らない場合は、国民健康保険・・・

国民年金の保険料は「免除制度」や「猶予制度」を活用

日本は、国民皆年金制度によりいずれかの公的年金に加入しなければなりません。しかし、収入が少なく、年金の保険料を納めていては生活がままならない方もいらっしゃいます。そこで、国民年金の保険料の免除制度というものがあります。 ・・・

国民年金の任意加入未納期間も受給資格期間に合算できます(年金機能強化法)

 平成24年8月に成立・公布された「公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律」(年金機能強化法)は、平成26年4月以降、順次施行されます。今回はその中から、「国民年金の任意加・・・

年金は老後だけではない 払えない場合は免除申請をしよう

  近年の経済的な事情から、年金の未納している方が増えてきています。理由として「保険料が高額で支払えない」「将来、国は破綻して老後年金はもらえない」などがあげられています。   そもそも、年金は老後だけしか支給されないと・・・

このページの先頭へ