「相続人」タグの記事一覧»マネーの達人

「相続人」タグの記事一覧

あなたの相続する不動産の「本当の名義」は誰? ~先祖名義と共有名義の有無を確認しよう~

そもそも我が家の相続で驚いたこと 曽祖父名義の土地がありました。 公図を取り寄せ 自宅と土地を色塗りしたところ、自宅の真ん中に空白が。父親名義でも祖父名義でもない。 「エッ、他人の土地に住んでいたの?」と慌てて市役所に確・・・

相続税の節税対策「借金してアパートを建てる」 引き継いだ人の本音は?

相続が「争族」にならないためには、それぞれの相続人のことを考えて遺産を残すようにすることが大切なことだと思います。 相続対策というとすぐに「税金を少なくすること!」と考えますが、多少相続税が多くなったとしても、相続税が納・・・

相続人の有無が不明なときの手続き

Q:相続の開始があった場合、相続財産は相続人に継承されますが、相続人の有無が不明なときは、その財産はどうなるのでしょうか? また、その場合の手続きはどのようにおこなわれるのでしょうか? 解説 相続人の有無が不明な場合の手・・・

相続ドラマ~遺産分割で問題になったこと~

事例 ・平成26年に父が亡くなり、相続人は母と子供(兄と妹)の二人でした。 ・財産は、自宅の土地・建物と調整区域(原則、家が建てれないところ)の農地(下図参照)と少々の預金でした。 ・母と長男(兄)夫婦が父と同居し、長女・・・

遺産に使途不明金があったときの解決方法

親族が亡くなったあと、その親族名義の預貯金通帳をみると、死亡する前に多額のお金が引き出されているのが判明したこんな場合には、相続人はどのようなことがいえるのでしょうか。 まずは、その通帳を管理していた人(通常その人も相続・・・

遺言書の基礎 遺言書のよくある間違い、不安にQ&Aで回答

今回は「マネーの達人」編集部に寄せられた質問についてQ&Aで回答していきますので、似たような悩みでお困りの方は、ぜひご参考になさってください。 Q. 先日、祖母が亡くなり、遺産を孫にという遺言書がありました。そ・・・

相続相談、急がば回れ! 専門家にスムーズに相談内容を伝えるポイント

 ようやく春らしく気候となり、日中はスーツ姿でいると、早くも少し汗ばむような季節へと変わる気配を感じる昨今ですが、相も変わらないのが、相続相談の圧倒的な件数ではないでしょうか。  私が理事を務める東京都相続相談センターに・・・

[相続物語(1)] 相続人は妻だけだから心配ない? 妻の言い分。夫の言い分。

   「今年の流行語大賞は相続対策で決まり! そうだろう中島」なんて、幼なじみのしげちゃんが中ジョッキ片手にとても嬉しそうだ。今まで二人で居酒屋で飲む時の話のつまみは、決まって孫自慢に健康だった。  そんな年金暮らしが相・・・

夫が死ぬ前にやっておくべきこと ~寡婦の相続対策~

寡婦とは何か?  寡婦(かふ)とは夫と死別または離別し、再婚していない女性のことです。  現在、折しも個人の確定申告の時期ですが、所得控除の中に寡婦控除があるのをご存知ですか? 死別と離別または所得によっても適用が違いま・・・

自筆証書遺言の落とし穴 手軽な反面、意外と多くの注意点が…

 遺言書には一般に自筆証書遺言と公正証書遺言がありますが、自筆証書遺言は費用は安いし誰でも手軽に作成できるということで人気があります。ただ手軽であることの反面いくつかの注意点や落とし穴がありますので、ご説明したいと思いま・・・

このページの先頭へ