「相続」タグの記事一覧»マネーの達人

「相続」タグの記事一覧

遺産分割における「預貯金」の扱いが変更に その影響と考え方とは

2016(平成28)年12月19日に最高裁大法廷が、預貯金と遺産分割に関する重要な決定を下したことはご存知でしょうか? それは、これまでの預貯金と遺産分割についての法律的な考え方を改めたものでした。 その影響が現実に出始・・・

「欲しくないものを相続してしまった」 それは親子の会話がなかったことが原因です。

ワンコを飼ってみて、気付いたこと こんにちは、石川です。うちには今年2歳を迎えるトイプードルのミックス犬がいます。(名前:チョコ) 子供たちと嫁さんに押し切られ、しぶしぶ飼い始めたのですが、だんだんと可愛くなってきまして・・・

【相続税】節税対策より「相続対策」が大切です。遺言書が無くて争った身内たち。

相続税の改正により増加する「相続の相談」 平成27年(2015年)から相続税の改正があったため、最近では相続の相談も多くなってきました。 改正により対象者が増加 以前は100人の方がお亡くなりなると4人から5人程が相続税・・・

「自筆証書遺言」の落とし穴 遺言書があっても遺族に負担がかかる場合がある。プロが教える「遺言書」のしくみ。

「遺言」について 一般的に活用されている遺言は 「自筆証書遺言」 「公正証書遺言」 の2種類があります。 遺言書を作る注意点 遺言書を具体的に作ろうと決めたら、どのような事に注意すべきであろうか。 2種類の遺言の比較をし・・・

住宅取得等資金の非課税贈与の2つの落とし穴(実話) 「親に住宅資金を出してもらったけど、贈与税は非課税」と思っている方へ

住宅取得等資金の非課税贈与の落とし穴 「居住用の住宅資金を親に出してもらっても贈与税は非課税。さらに、相続税の節税にもなる」 と、ハウスメーカーさんに聞いて住宅を建てたあなた。落とし穴にはまってしまった人の実話を二つご紹・・・

「遺言書を作っておいてもらえば良かった…」 生前に遺言書の作成が必要な方のパターンを3つご紹介。

相続に関わる相談を数多く取り扱っておりますと この方は生前に遺言書を作っておけば良かったのに と感じる場面が度々あります。 専門家の視点から、生前に遺言書の作成を考えるべき方のパターンは次の3つです。 パターン1 子供の・・・

「二次相続」が一番もめやすい理由をイラスト付きで解説 今からできる相続対策とは? 

はじめに 平成27年、相続税の改正がありましたが前年の平成26年はメディアでも話題に取り上げられ、お客様からも… 「うちも相続税がかかるの?」 「何か出来ることはあるの?」 といったご質問を多く頂いた記憶があります。 し・・・

両親の介護で一番困るお金の問題 3つの「こうしておけば良かった」&「こうしておいて良かった」

例えば両親が介護を必要とする状態になった場合、咄嗟に浮かぶのはどのような事でしょうか? 施設へ預ける・自分が面倒をみる・きょうだいが面倒をみる、人によって様々かもしれません。 しかし、どれにも当てはまる事があります。それ・・・

生命保険を使った「保険料生前贈与プラン」の効果と注意点

生命保険を使った保険料生前贈与プランの効果 生命保険を使った保険料生前贈与プランとは、 子どもや孫に現金を贈与し、それを保険料として保険に加入する方法 である。 年間110万円までは非課税で贈与が可能なため、相続対策とし・・・

元気なうちにしかできない「相続対策」 家族がもめないために「今からすべき事」を2段階で説明します。

元気なうちにしかできない「相続対策」があります 「相続についてご相談をお受けします」というお話をすると「うちにはもめるほど資産は無いから」とまるで人ごとのような返事が返ってくることがたびたびあります。 「まだまだ相続なん・・・

このページの先頭へ