「確定申告」タグの記事一覧»マネーの達人

「確定申告」タグの記事一覧

iDeCoの運営管理機関を「管理手数料」だけで決めないで! 確認すべき4つのポイント

活用したい3つの税制上のメリット 2017年1月より、個人型確定拠出年金制度(iDeCo)の加入対象者が公務員や専業主婦等にも拡大されました。 雑誌やメディアで頻繁に紹介されているためか、筆者の家計相談でも、iDeCoに・・・

実はこんなにある「還付金」 定番から、良くない意味の還付金まで紹介します。

「還付金」は妖しい響き? 「還付金」というと妖しい響きがありませんか? 世間では還付金詐欺などが警戒されているからです。地方銀行等では一定の高齢者(例えば70歳以上で3年以上ATMを使っていない等)に振り込みを制限する動・・・

セルフメディケーション税制を簡単に教えて。

Q:「今年からセルフメディケーション税制が始まり、確定申告時の添付書類も簡素化されたと聞きましたが、これはどういうことでしょうか?」 解説 医療費控除またはセルフメディケーション税制の適用を受けるものは、医療費や医薬品購・・・

「所得税・住民税の還付金」はどんな時に出るの? 申告の仕方とあわせて解説します

なぜ所得税・住民税の還付金が出るの? 働いている人は、会社員ならその年の会社の年末調整で、自営業等なら翌年の2月から3月の確定申告(住所地の税務署で手続き)で所得税額を計算しています。 住民税は前年の所得税で計算されます・・・

【サラリーマンの確定申告】ハードルは高いですが、7つのプロセスで領収書を経費に落とす方法があります

サラリーマンだって、フリーランスと同じように領収書を確定申告で経費に落とせます。 このサラリーマンの経費を「特定支出控除」といいます。 しかし、「特定支出控除」によりサラリーマンが領収書を経費に落とすためのハードルは高い・・・

空き巣などの盗難損失が発生したときは確定申告をすれば税金を減額できるのか?

Q:「自宅で空き巣に入られて、現金や宝石などが盗難にあいました。この場合、確定申告をすれば税金を減額できるのでしょうか?」 解説 災害や盗難によって、資産の損害を受けた場合には、一定の金額の所得控除を受ける事が出来ます。・・・

「ふるさと納税」の落とし穴 ワンストップ特例で損しないように注意したい2つのポイント

ふるさと納税で、損しないように注意したい点について 「ふるさと納税」規制が進んだからこそ、損しないように注意したい3つのポイントでふれてきました。 平成27年から導入された「ワンストップ特例制度」は、確定申告したくない会・・・

駐車場経営に必要な税金の知識「月極駐車場」と「コインパーキング」では計算方法が違います

サラリーマンの不動産投資はアパートやマンションなどの賃貸経営だけではありません。 駐車場経営という選択肢もあります。 賃貸経営と比べて駐車場経営は「ローリスクローリターン」と言われています。 ローリスク : リフォーム代・・・

総務省にマイナンバーの管理体制や実態について問い合わせてみました

本当に「マイナンバーで副業をしていることが勤務先にバレる」のか? 今年の確定申告が終わり、マイナンバーをもとに各部署に保管されている個人情報の紐付けが実施されています。 そこで、「マイナンバーで副業をしていることが勤務先・・・

「所得税を節税すれば保育料は安くなる」とは限らない 注意すべき2つのこととは

認可保育園の保育料は、市町村民税(住民税)額に連動して計算されます。 さらに住民税の額は、年末調整や確定申告の結果(所得税額)に左右されます。 それでは、三段論法式に所得税の節税策を取れば保育料の引き下げになるかと言えば・・・

このページの先頭へ