「遺族」タグの記事一覧»マネーの達人

「遺族」タグの記事一覧

相続人のいない「遺産」400億円が国庫へ 「おひとり様」600万人の遺産は国の隠し財産になるのか…

4人に1人以上が高齢者 内閣府が発表している高齢社会白書(平成28年概要版)によれば、日本には3,392万人の高齢者(65歳以上)がいて総人口1億2,711万人に占める比率は27%で、4人に1人以上が高齢者という計算にな・・・

お墓どうしますか? 様変わりする弔いの形 

「長男が家を継ぎ、先祖代々の墓を守っていく」 このような「常識」は、時代とともにすたれていっています。 少子化が叫ばれて久しい今、弔いの形もまた変わっていこうとしています。様変わりするお墓の形を、終活カウンセラーの私が「・・・

「確認じゃ!」給付金の通知を受け取ったら、しっかりと申請手続きをしましょう。

「確認じゃ!」 というフレーズと忍者のキャラクター「カクニンジャ」でお馴染みの平成28年度給付金。 ≪画像元:http://www.2kyufu.jp/≫ 今回は、各給付金の概要、通知を受け取った場合の申請方法、留意点な・・・

遺族年金の計算方法 誰でも5分で簡単に計算できる

みなさんは生命保険に加入するときに自分の遺族年金がいくらもらえるのかを知ってから死亡保障額を計算していますか? 計算が難しそうでわからないし、保険屋さんに任せっぱなし……なんてことないですか? 実は、めちゃくちゃ簡単に遺・・・

「団信」へ加入する? ”妻の言い分、夫の言い分” 一緒に加入すればイーブン

 部下がお客様からのクレームに対応していました。聞いていると 「どうして、団体信用生命保険を主人に勧めてくれなかったのか?」  という内容。  ご主人が亡くなられて団体信用生命保険に加入していなかった事が分かって、奥様が・・・

エンディングノートで相続対策 書いておくと遺族が楽になる内容

 「エンディングノート」という言葉を、最近は当たり前のように耳にするようになりました。私が、初めてエンディングノートといったような言葉を耳にしたのは今から5年ほど前の事でしょうか。ある出版社が売り出した相続に関連する書籍・・・

生命保険による相続対策はどうする?(2)

生前にお金の受取人を指定する   昨日の続きです。相続における生命保険の使い方について・・・・。   生命保険の保険金は、当然のことながら、受取人が受け取ります。   いっぽう、遺産については、遺族のうち誰がどれだけ受け・・・

金子哲雄さんのご逝去で・・生命保険、掛け捨ては損??

  金子哲雄さんご逝去・・・の記事では、厚生年金に加入中 のご逝去と仮定してのお話でした。が、もし、最初の会社退職後、国民年金だった場合は、かなり違ってきます。   国民年金加入中41歳の方がご逝去で、お子様がいらっしゃ・・・

年金は老後の生活の支えだけではありません。

  昨今の年金改正などですっかり信用を失っている公的年金ですが、今の現役世代は、原則として20歳から60歳までのうち25年間、年金を支払った実績があれば、原則65歳になると年金をもらいはじめることができます。   これを・・・

このページの先頭へ