「106万円の壁」タグの記事一覧»マネーの達人

「106万円の壁」タグの記事一覧

配偶者控除に所得制限がついて「配偶者特別控除額」が引き上げに 「税金の壁」とパート主婦の働き方はこう変わる(年収別表で解説)

配偶者控除に所得制限が付き、配偶者特別控除の額は引き上げられます 主婦の就業を妨げると言われていた「配偶者控除」ですが、最終的に「夫婦控除」は先送りされ、「配偶者控除」に所得制限が付き、「配偶者特別控除」が引き上げされる・・・

「源泉徴収有り特定口座」「NISA」を節税と社会保障に生かそう

個人型確定拠出年金の対象者拡大に伴い、「iDeCo」なる愛称がつき、国も普及に努めてメディアでの話題も増えています。 日本人がアレルギーを持つリスク投資にも関わらず話題が多いのは、年金を増やすための手段であり、節税にもな・・・

パートの壁が変わる! 配偶者控除の改正であなたの家の「世帯収入」はこうなる。

配偶者控除が改正されました 2017年3月、税制改正法が成立し、2018年から配偶者控除が改正されることになりました。 配偶者控除の見直しについて、様々な情報が入ってくるものの、「わが家にはどのような影響があるのか、いく・・・

「106万の壁」と「国民年金の第3号被保険者の廃止」は、無関係であって無関係ではない

平成28年10月1日から、次のような要件をすべて満たすと、パートやアルバイトなどの短時間労働者であっても、社会保険(健康保険、厚生年金保険)に加入する必要があります。 A: 1週間の所定労働時間が20時間以上になること ・・・

平成28年10月からパートも社会保険加入で「○○万円の壁」にはどう対処が正解?

平成28年10月からの、パートも社会保険に加入することになる、手取りが大きく減ってしまう…という、一種の騒動にもなっています。 ではこの制度変更に対して、どのように対処していけばいいのでしょうか? 簡単にいえば、 ・ も・・・

【事例に学ぶ:パートと扶養】 短時間勤務で、夫は会社員なのに扶養に入れない人

とある100人規模の会社(A社)の人事部長さんから相談がありました。 「週4日、32時間の契約で働いてきたパート従業員(Bさん)が、家庭の事情で週3日の24時間契約になることとなった。 ウチの所定労働時間は週40時間なの・・・

【読者リクエスト】パート収入「106万円の壁」 夫の職業と所得で世帯手取はこう変わる

妻のパート収入が増えても、税金や社会保険料の負担贈により世帯手取りが逆に減ってしまう現象を、パート収入の壁と呼びます。 これまでの「103万円の壁」、「130万円の壁」に加えて、平成28年10月からは「106万円の壁」も・・・

パートの壁は夫しだい? 夫の職業と所得で決まる「103万円の壁、130万円の壁、106万円の壁」

新入学、新学期のこの時期、「私も働きに出ようか」というご相談も増えてきます。 今回は「私の場合はいくら働くのが良いの?」という疑問に役立つ情報をお届けしたいと思います。 妻のパート収入が増えても、夫の扶養から外れることに・・・

主婦の働き方は壁がたくさん 103万円、106万円、130万円、結局いくら稼ぐのがいいの?

働く時間を減らす主婦(夫)、意味を考えよう。 パートで働く主婦(夫)の人が「私が103万円稼いじゃうと税金取られちゃうから」と働く時間を減らすことがよくあります。 せっかく必要とされているのにもったいないし、収入が増える・・・

「106万円の壁」を超えて厚生年金保険に加入するとお得な3つのケース

年金に関する今年一番の話題は、なんといっても社会保険(健康保険、厚生年金保険)の適用拡大だと思うのです。 すでにご存知の方も多く、いまさら説明する必要もないかと思いますが、平成28年10月から次のような要件をすべて満たす・・・

このページの先頭へ