金融庁も怒り心頭!ごまかしだらけの保険販売
http://diamond.jp/articles/-/17170
(週刊ダイヤモンド記事)

  お客さんが生命保険に加入する場合、どの保険会社で加入するか??ではなく誰から加入するか?を意識する必要があるかと。

  例えば高額療養費制度がありながら万が一の際、高額な治療費が掛かる!!と煽り高い医療保険をすすめる保険マンや生保レディたち。一般の方から見れば『プロ』の意見だから納得するしかない。

  一方、保険会社の取るべき姿勢は販売ノウハウの向上(うまく売る方法・話法)ではなく個々保険マン達のスキルの向上に努めることだと思う。(商品知識の理解力・近隣知識の習得、例えば社会保障や医療制度など)

  お客さんにとって不必要なモノは提案しないっ!!厚過ぎる保障は提案しないっ!!本当に必要な保障分だけを提案できる勇気と正義を持って対応すれば生命保険業界、もっとクリーンなイメージに改善できる
とは思いませんか??ね、関係者の皆さん