大変失礼なことかもしれませんが公務員や教員の方から保険や住宅ローン相談をNETやブログからこんなに受けるとは思っていませんでした。

  なぜ思っていなかったのか・・・公務員・特に学校関係には出入りの保険屋さんが存在しているからです。

  そこで生命保険の内容はともかく仲良くなったセールスレディから加入していてわたしの出番はないであろうと勝手に思っていました。

  ところが・・・・公務員の方、とくに奥様もネットをみて研究しはじめました。そして気がつき始めた。自分の保険がおかしいのではないかと。

  たとえば・・・・公務員の共済組合には附加給付というものがある。実際には知っている人は本当に少ないです。

附加給付とは

  この制度をしっていれば医療保険・がん保険の加入に対する考え方、選択枠がかわる。特に女性特約は不要なのでではと考えるはずです。

  わたしは通ってきている保険レディから聞いているはず・・・と思っていた。いや思い込んでいた。わたしがしているようにお客様に有益な情報提供がなされているはず・・・と。

  どうやら一般の方と同じでお客様に必要な金融情報はあまり提供がなされていないようです。なら積極的にしていけないものか

  わたしの経験上、安定した収入がある公務員や教員の方ほどわたしのような独立系FPが提供する情報は有効かつ大きな効果が見込めます。

  その効果を実感できる方が増えてきて、家計にゆとりが出れば特に奥様には嬉しいことでしょう。そういう人を1人でも増やしたい。そう思っています。